第3回 全国中高生「世界子どもの日」 映像スピーチコンテスト

第3回 全国中高生「世界子どもの日」 映像スピーチコンテスト

注目度:注目度 0.140.14

スケジュール
2017710()1015() 終了しました
Webサイト
国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、「世界子どもの日」によせて、映像スピーチコンテストを開催します。
中学生、高校生のみなさんに、「子どもの人権・権利」、「世界や日本の子どもたちの状況と人権の大切さ」、「身近なところで感じた人権の大切さ」などについて語った映像をヒューマンライツ・ナウに送っていただき、審査員により審査を行います。

そして、優勝者を、ヒューマンライツ・ナウが主催する「世界子どもの日チャリティーウォーク&ラン2017」へご招待します。プロフェッショナルなスピーチ指導を受けて頂いた上、閉会式で披露していただきます。
中高生の皆さんが自分がスピーチしているところを動画に撮影し、締切(2017年10月15日)までに団体に送っていただくだけで、あなたも簡単にコンテストに参加することができます。
ぜひ、積極的な応募をお待ちしています。

特設サイトはコチラから。
http://hrn.or.jp/speech/

【趣旨】
「世界子どもの日」によせて、子どもたちが世界や身のまわりの人権について「学び」、「考え」、「発信する」機会となり、より良い未来を築く一歩となること。

【実施方法】
コンテスト参加者が7分以内のスピーチ映像を撮影し、郵送、Eメールまたは特設ウェブサイトからエントリーしてください。
エントリー作品について、ヒューマンライツ・ナウ選出の審査委員により審査を行い、入賞者の映像を期間限定で特設ウェブサイトに掲載します。
優勝者は特典として皇居周縁で開催される「世界子どもの日 チャリティ ウォーク&ラン」閉会式にご招待します。プロフェッショナルなスピーチ指導を受けた後、閉会式で披露していただきます。(交通費を支給いたします)

【応募規定】
対象
日本在住の中学生・高校生(中学卒業者および高校中退者も参加可能)
国籍不問
グループでの参加も可能です。
原則として「世界子どもの日 チャリティ ウォーク&ラン」に出席できること
※グループで優勝した場合は、代表者お一人にスピーチをしていただきます。

スピーチのテーマ
「子どもの権利に関するわたしの経験や想い」。子ども・中学生・高校生にとっての人権・権利、世界や日本の子どもたちの状況と人権の大切さ、身近なところで感じた人権の大切さなどについてのスピーチとします。
(参考)
・マララ・ユスフザイさんノーベル平和賞受賞スピーチ
・人権で世界を変える30の方法(合同出版)

応募映像の長さ
7分以内であれば時間の決まりはありません。7分を超えた場合は審査の対象となりません。

使用言語
日本語

募集期間
7月10日〜10月15日

動画送付については、特設サイトをご覧下さい。
http://hrn.or.jp/speech/

【審査委員長】
後藤 弘子 氏 (千葉大学教授 / ヒューマンライツ・ナウ副理事長)【審査委員】
濱田 邦夫 氏 (弁護士/元最高裁判事 / ヒューマンライツ・ナウ運営顧問)
堀 潤 氏(ジャーナリスト・NPO法人「8bitNews」代表)
三浦 まり 氏(上智大学法学部教授 / ヒューマンライツ・ナウ理事)
安田 菜津紀 氏(studio AFTERMODE所属フォトジャーナリスト)

本イベント提供者

HRN事務局

掲示板

掲示板を読み込み中です....


ホットペッパー Webサービス

楽天ウェブサービスセンター


イベント投稿

PR

Facebookもチェック

関連イベント

このイベントをMyリストに保存した人はこんなイベントも保存しています。

あと13日

冒険あそび倉庫 ガラス細工(12月)

和歌山市 河南コミュニティセンター
和歌山県和歌山市布施屋41
あと24日

冒険こども食堂 河北コミ(12月)

和歌山市 河北コミュニティセンター
和歌山県和歌山市市小路192-3
あと28日

フリークッキング 調理室解放 クリスマス編

和歌山市 北コミュニティセンター
和歌山県和歌山市直川326-7

あそびのフリマ きたコミ(1月)

和歌山市 北コミュニティセンター
和歌山県和歌山市直川326-7
あと28日

冒険こども食堂 きたコミ(12月)

和歌山市 北コミュニティセンター
和歌山県和歌山市直川326-7

関連Myリスト

このイベントが登録されている他の公開Myリスト

PR