イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

ラジコン製品の開発・製造・販売を行う日本遠隔制御(本社・大阪府東大阪市)は、「ドローンソリューション&技術展(IDE TOKYO)」に多目的無人ヘリコプター「アースワン」を参考出品。今年いっぱいで開発を終え、来年に発売するという。

このヘリは航空宇宙機器などを手がける東京航空計器と共同開発しているもので、大きさは全長1700mm、全幅425mm、全高820mm。ローターは自立安定性に優れている二重反転式で、120ccの2サイクル水平対向2気筒エンジンを搭載し、ガソリンで動く。飛行時間は約50分で、10kgほどの荷物を運ぶことができ、飛行速度は50km/h。

「主に海外で展開していこうと考えています。特に新興国では交通インフラが整っていないところがあるので、物資の運搬に使えるのではないかと考えています」と同社関係者は話す。

ただ、盗まれて悪用される心配もあるので、操縦はGPSなどを利用した完全な自動ではなく、コントローラーの画面を見ながら行うようになっている。しかも、ヘリにはそれぞれ専用のキーがあり、それをコントローラーに読み取らせないとヘリが動かない仕組みになっている。また、ヘリの改造もできないようになっていて、もし改造しても動かないそうだ。

「その辺の安全機能についてはしっかりと整備しています」と同社関係者は強調し、「操縦も比較的簡単で、着陸はほぼ自動でゆっくり降りるようになっていて、コントローラーのレバーを離すと、ヘリはホバリング状態になります」と説明する。

価格は200万円を目指しているそうで、すでに商社などから引き合いもきているとのことだ。
提供元:Response

関連するイベントニュース

【レッドブル・エアレース】室屋義秀選手、「総合優勝を目指す」と改めて宣言

【レッドブル・エアレース】室屋義秀選手、「総合優勝を目指す」と改めて宣言

26日に開催されたレットブル・エアレース千葉2017(Red Bull Air Race Chiba 2017)の開催概要発表会には、室屋義秀選手も出席。今シーズンのエアレースについて室屋選手は「目指すは総合優勝、年間ワールドチャンピオンを狙いに行く」と宣言した。
室屋選手のパイロットスーツも展示…BREITLING Special Exhibition

室屋選手のパイロットスーツも展示…BREITLING Special Exhibition

来る11月19日から、ブライトリングフェアが開催される。それに先駆けて、ISHIDA表参道では、BREITLING Special Exhibitionを11月5日・6日の2日間開催中だ。
入間基地航空祭、今年は天気予報の影響で出足が鈍る?

入間基地航空祭、今年は天気予報の影響で出足が鈍る?

航空自衛隊・入間基地(埼玉県狭山市)は3日、秋の恒例行事となっている「入間基地航空祭」を開催した。例年は20万人以上が訪れるものの、今年は前日まで雨予報だったことなどから観客の出足が若干鈍り、ここ数年では最も少ない13万人の来場者となった。
エアレースパイロット室屋義秀、ブライトリングのイベントでエアショー実施

エアレースパイロット室屋義秀、ブライトリングのイベントでエアショー実施

ブライトリング・ジャパンは10月29日、同社の顧客を対象としたクローズドイベント「メンバーズサロン スペシャル福島」を、ふくしまスカイパーク(福島県福島市)で開催した。同社の支援を受ける室屋義秀選手の今シーズン報告会を兼ねている。
先進技術実証機「X-2」、岐阜基地航空祭で初の一般公開

先進技術実証機「X-2」、岐阜基地航空祭で初の一般公開

航空自衛隊・岐阜基地は30日、毎年秋の恒例行事となっている「岐阜基地航空祭」を開催した。注目の的だったのは、一般向けとしては初めて公開となった先進技術実証機「X-2」。国産のステルス実証機を一目見ようと多くの観客が集った。
【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御
【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御
【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR