イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

ラジコン製品の開発・製造・販売を行う日本遠隔制御(本社・大阪府東大阪市)は、「ドローンソリューション&技術展(IDE TOKYO)」に多目的無人ヘリコプター「アースワン」を参考出品。今年いっぱいで開発を終え、来年に発売するという。

このヘリは航空宇宙機器などを手がける東京航空計器と共同開発しているもので、大きさは全長1700mm、全幅425mm、全高820mm。ローターは自立安定性に優れている二重反転式で、120ccの2サイクル水平対向2気筒エンジンを搭載し、ガソリンで動く。飛行時間は約50分で、10kgほどの荷物を運ぶことができ、飛行速度は50km/h。

「主に海外で展開していこうと考えています。特に新興国では交通インフラが整っていないところがあるので、物資の運搬に使えるのではないかと考えています」と同社関係者は話す。

ただ、盗まれて悪用される心配もあるので、操縦はGPSなどを利用した完全な自動ではなく、コントローラーの画面を見ながら行うようになっている。しかも、ヘリにはそれぞれ専用のキーがあり、それをコントローラーに読み取らせないとヘリが動かない仕組みになっている。また、ヘリの改造もできないようになっていて、もし改造しても動かないそうだ。

「その辺の安全機能についてはしっかりと整備しています」と同社関係者は強調し、「操縦も比較的簡単で、着陸はほぼ自動でゆっくり降りるようになっていて、コントローラーのレバーを離すと、ヘリはホバリング状態になります」と説明する。

価格は200万円を目指しているそうで、すでに商社などから引き合いもきているとのことだ。
提供元:Response

関連するイベントニュース

【レッドブル・エアレース 最終戦インディアナポリス】室屋、強運! Round of 14 で強豪ソンカに勝利!

【レッドブル・エアレース 最終戦インディアナポリス】室屋、強運! Round of 14 で強豪ソンカに勝利!

第2ヒートで強豪マルティン・ソンカと直接対決することになった室屋義秀は、ソンカのパイロンカットによるペナルティ加算で勝利!「Round of 8」(ベスト8)に駒を進めた。
【レッドブル・エアレース 最終戦インディアナポリス】室屋、予選は11位…決勝はソンカとの一騎打ち

【レッドブル・エアレース 最終戦インディアナポリス】室屋、予選は11位…決勝はソンカとの一騎打ち

レッドブル・エアレース2017年の最終戦、期待の室屋義秀選手が予選に登場。結果は11位となり、決勝での対戦はポイントランキング1位の強豪マルティン・ソンカ選手に決定した。
【レッドブル・エアレース 最終戦インディアナポリス】佐藤琢磨選手が室屋選手を応援「同じ臭い」

【レッドブル・エアレース 最終戦インディアナポリス】佐藤琢磨選手が室屋選手を応援「同じ臭い」

レッドブル・エアレース 最終戦(インディアナポリス)は、10月14日(現地時間)に最後のフリープラクティスのほか、決勝へつながる予選も開催される。そして午前の「ハンガーウォーク」にスペシャルゲストの佐藤琢磨選手が現れた。
【レッドブル・エアレース 最終戦インディアナポリス】コース確認フライト

【レッドブル・エアレース 最終戦インディアナポリス】コース確認フライト

RedBull AirRace2017の最終戦を前に実施された「フリープラクティス」の模様
ホンダジェット、初の世界一周飛行へ…26か国を周遊

ホンダジェット、初の世界一周飛行へ…26か国を周遊

ホンダの航空機事業子会社、ホンダ エアクラフト カンパニーは7月31日、『ホンダジェット』が世界一周飛行を実施すると発表した。
【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御
【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御
【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR