イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

MTBダウンヒルコースの作り方…井本はじめに聞くコースセットの裏側

MTBのダウンヒルレース、Coupe du Japon(クップドュジャポン)2016やまぐち十種ヶ峰国際DHIが9月3日・4日に開催。コースセットには井本はじめ選手(SRAM /Santacruz)が協力している。

井本選手にコースセットの裏側と魅力について話を聞いた。自身もライダーで、オーガナイザーも務める志賀考治氏(VAN-QUISH)より依頼を受けたという。

「志賀さんの強い想いとこだわりを具体化しようとして、裏方に回っただけで、自分がしたわけでない。すべてのセクションにおいて手間をかけて作っていて、重機のはいらないところはほとんど手作業だった。

すべてのセクション、すべてのコーナーに手間をかけている。特に思い入れのあるところは中盤の森にドロップオフして入っていくセクション。あそこは重機も入らないから路面をスタッフと一緒に削りだして、岩をウインチで揚げて敷き詰めていった。

コースセットには1日7時間で5日間、MTBに乗ってる時より疲れるイメージあるけれど、実はライダーはコースを作るのが大好き。ダウンヒルするにもライダーみんなで作る時もあるから、今回もそれと同じ。好きだから夢中になってしまい、作業中は時間が知らないうちに経っていることが多かった。

天候によって路面コンディションが変わり、難易度がさらに高くなることもあるが、天候に関係なくイコールにすることを心がけて志賀さんらスタッフとともに作業をした。

ライダーがコースを作って、そのレースに参加するケースには『ライダーがコースを作るからフェアじゃない』という声もある。作業が終わった後に練習しすぎないようにして、参戦する他のライダーと“イコールコンディション”になるように心がけている。直接言われたことはないし、気にしているわけではないが、その声を越えて速く走りたい」


●井本はじめ
プロダウンヒルレーサー。「イチかバチか、コケるか勝つか」攻めのスタイルが特徴。大のネコ好きでも有名。
提供元:CycleStyle

関連するイベントニュース

卓球・水谷隼、リオ五輪で魅せた48回の壮絶ラリーを超えるラリーを披露

卓球・水谷隼、リオ五輪で魅せた48回の壮絶ラリーを超えるラリーを披露

リオ五輪卓球男子シングルス銅メダリストの水谷隼選手が10月2日、進化した卓球ロボット・4代目「フォルフェウス」の記者発表会に登壇。進化した4代目「フォルフェウス」とのラリーを実演した。
卓球・水谷隼、卓球ロボット相手にスマッシュ炸裂も打ち返される結果に…「まさか返されるとは」

卓球・水谷隼、卓球ロボット相手にスマッシュ炸裂も打ち返される結果に…「まさか返されるとは」

リオ五輪卓球男子シングルス銅メダリストの水谷隼選手が10月2日、進化した卓球ロボット・4代目「フォルフェウス」の記者発表会に登壇した。
#伊達公子が好きだ …アディダス契約選手がメッセージ

#伊達公子が好きだ …アディダス契約選手がメッセージ

プロテニスプレイヤーの伊達公子(エステティックTBC)が9月11日に開幕するジャパンウイメンズオープンを最後に引退する。彼女の姿を見てきた日本のトップアスリートたちがメッセージを送っている。
シンクロ・木村真野、水着を逆に着たまま歩く

シンクロ・木村真野、水着を逆に着たまま歩く

シンクロ・木村真野さん、木村紗野さんが8月31日、アディダスジャパン開催の「PULSE TALK@LOCKER ROOM EVENT」に登壇した。
S・ウェルター級・亀海喜寛「ミゲール・コットに勝つことしか頭にない」…WOWOW独占インタビュー

S・ウェルター級・亀海喜寛「ミゲール・コットに勝つことしか頭にない」…WOWOW独占インタビュー

WOWOWは、4階級制覇の実績を持つミゲール・コットとの対戦が決定しているWBO世界スーパー・ウェルター級6位の亀海喜寛に独占インタビューを行った。
MTBダウンヒルコースの作り方…井本はじめに聞くコースセットの裏側
MTBダウンヒルコースの作り方…井本はじめに聞くコースセットの裏側

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR