イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

グランプリ作品には20万円分の旅行券、セキュリティ動画コンテスト開催(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は10月17日、セキュリティ動画コンテスト「What’s Your Story?」を開催すると発表した。同日よりコンテストサイトをオープンし、12月15日まで作品の募集を受け付ける。また、一般ユーザが応募作品を評価できる期間も設けたユーザ参加型コンテストとなっており、子ども達やその保護者に対する セキュリティ啓発活動の一環として実施する。

“自分の家族や友達をインターネット上のサイバー犯罪やトラブルから守るために、あなたができることとは?”をテーマに、独自の注意喚起方法やセキュリティに関するルール作りなど、大切な人をインターネット上の危険から守る方法にまつわる動画作品を募集する。日本国内に居住する10歳以上であれば誰でも応募可能。また、実写・CG・アニメなど手法は問わない。

入賞作品の発表は2017年2月上旬を予定しており、グランプリ(1名)にはJTB旅行券20万円分とトレンドマイクロの個人向け製品、準グランプリ(2名)にはJTB旅行券5万円分とトレンドマイクロの個人向け製品が進呈される。
提供元:ScanNetSecurity

関連するイベントニュース

世界のサイバー攻撃者をOMOTENASHIしないためには

世界のサイバー攻撃者をOMOTENASHIしないためには

サイバー攻撃はよりボーダーレスに、グローバルに展開されています。このような攻撃に対応できる組織になるためにはどうするか。 組織の機能役割を解説し、成熟度の観点や共有情報の活用方針について考えます。
ラグビー山田選手がJSOCの一日センター長に、情報モラルの親子勉強会も(ラック)

ラグビー山田選手がJSOCの一日センター長に、情報モラルの親子勉強会も(ラック)

ラックは、「ラグビー日本代表 山田章仁選手 セキュリティ監視センター 一日センター長就任~親子で学ぶ情報モラル~」と題するイベントを開催した。

「CODE BLUE 2017」Day0 サイバー犯罪対策特別トラックの全プログラムを公開(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、日本発の国際会議「CODE BLUE」において、Day0として11月8日に開催予定のサイバー犯罪対策特別トラックの全プログラムを公開した。

イスラエル発のコミュニティイベント「Cybertech Tokyo 2017」を開催(Cybertech Tokyo実行委員会)

ナノオプト・メディアが運営するCybertech Tokyo実行委員会は、イスラエル発の国際的コミュニティイベントの日本版「Cybertech Tokyo 2017」を11月30日に開催する。

専門学校生を対象とした脆弱性調査のセキュリティコンテストを開催(MBSD)

MBSDは、専門学校・高等専門学校生を対象としたセキュリティコンテスト「MBSD Cybersecurity Challenges 2017」を開催する。
グランプリ作品には20万円分の旅行券、セキュリティ動画コンテスト開催(トレンドマイクロ)

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR