イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

文科省ら3省合同「キャリア教育推進連携シンポジウム」1/17

 文部科学省と厚生労働省、経済産業省は合同で「平成28年度キャリア教育推進連携シンポジウム」を平成29年1月17日に国立オリンピック記念青少年総合センターで開催する。参加費は無料で、事前申込みが必要。

 キャリア教育推進連携シンポジウムは、学校と家庭、地域、産業界が一体となって社会全体でキャリア教育を推進していこうとする気運を高め、キャリア教育の意義の普及・啓発を推進するイベント。平成23年度より3省合同で開催しており、今回で6回目となる。

 今回は、「変わる社会の羅針盤―これからの時代を生き抜く力を育むキャリア教育―」をテーマに、基調講演や学校関係者・産業界などによる事例発表、パネルディスカッションを行う。また、キャリア教育の充実発展に尽力し、顕著な功績が認められた教育委員会や学校、企業などが表彰され、その取組みの先進事例が発表される。

 基調講演では、ダイソンの「エンジニア」の視点から考えるキャリア教育の活動事例を紹介。パネルディスカッションでは、キャリア教育の実践例を紹介しながら、教育界と産業界がどのように連携し、変化の時代を生き抜く力を育むのか、その「変化の羅針盤」に迫る。

 申込みは、経済産業省のWebサイトより受け付けている。定員750名(先着順)で、定員になり次第締め切る。ただし、文部科学大臣表彰受賞校などの関係者や、国公私立の小学校~高校の教職員、教育委員会の指導主事、都道府県私学担当課の職員などの教育関係者は都道府県・指定都市教育委員会を通じて申し込む。

◆平成28年度キャリア教育推進連携シンポジウム
日時:平成29年1月17日(火)13:00~17:30
会場:国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟 大ホール(東京都渋谷区代々木神園町3番1号)
対象:学校関係者や企業関係者、キャリア教育に関心のある一般の方
募集人数:750名
締切:平成29年1月13日(金)
参加費:無料
申込方法:経済産業省のWebサイトより申し込む。ただし、文部科学大臣表彰受賞校などの関係者や教育関係者は教育委員会を通じて申し込む。
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

100か国同時開催「世界一大きな授業2018」先生役6/27まで募集

100か国同時開催「世界一大きな授業2018」先生役6/27まで募集

 世界中の子どもたちが教育を受けられることを目指す世界規模のイベント「世界一大きな授業2018」が、2018年4月14日から6月30日まで世界100か国で一斉に開催される。世界一大きな授業を実施する先生役を800人募集する。
学びのお祭り「Learn for Life」3/26・27、主催者に聞く楽しみ方

学びのお祭り「Learn for Life」3/26・27、主催者に聞く楽しみ方

 人生100年時代とも言われるこの時代に、同イベントを企画した意図とは。主催者であるLearn for Life代表の小林秀行氏に、イベントのねらいや楽しみ方、見どころを聞いた。
【春休み2018】教育課題を話しあおう「Edcamp Yokohama #2」3/31

【春休み2018】教育課題を話しあおう「Edcamp Yokohama #2」3/31

 教育関係者を対象としたカンファレンス「Edcamp Yokohama #2」が、2018年3月31日に横浜・関東学院関内メディアセンターで開催される。教員や教育関係者から学生まで、教育課題に興味がある者の参加を広く募る。参加費無料。
世界大学ランキングからみた日本の大学、QSシンポジウム4/25

世界大学ランキングからみた日本の大学、QSシンポジウム4/25

 世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(QS)は、日本の大学関係者向けシンポジウム「世界の舞台における日本の大学」を2018年4月25日に早稲田大学で開催する。参加費は無料で事前申込みが必要。
夢に向けて…具志堅幸司氏ら神奈川ゆかりのアスリートが集結3/21

夢に向けて…具志堅幸司氏ら神奈川ゆかりのアスリートが集結3/21

 世界や日本で活躍した神奈川にゆかりのあるトップアスリートが設立した「かながわアスリートネットワーク」が、平成30年3月21日にシンポジウムと交流会を開催する。第一線で活躍したさまざまな競技のアスリートと直接話すことができる。参加費無料で、事前の申込みが必要。
文科省ら3省合同「キャリア教育推進連携シンポジウム」1/17
文科省ら3省合同「キャリア教育推進連携シンポジウム」1/17
文科省ら3省合同「キャリア教育推進連携シンポジウム」1/17
文科省ら3省合同「キャリア教育推進連携シンポジウム」1/17

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR