イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

大阪ガス「食育セミナー」2/25、教育・保育・行政関係者募集

 大阪ガスは平成29年2月25日、教育・保育・行政関係者を対象とした「第11回 食育セミナー」を開催する。参加費は無料。昭和女子大学理事長・総長の坂東眞理子氏による基調講演などが行われる。

 大阪ガスの「食育セミナー」は、CSR活動の一環として平成21年2月より行われている。これまで、「食」に関するテーマについて、オリンピックメダリストの朝原宣治氏や奥野史子氏、明治大学文学部教授の斎藤孝氏、服部学園理事長の服部幸應氏らが講演を行ってきた。11回目となる今回のテーマは、「生きる力と食との関係」「地産地消を通じたまちづくり」。食育やまちづくりに関する講演が行われる。

 基調講演には、昭和女子大学理事長・総長の坂東眞理子氏が登壇。「今、求められている生きる力とは?~食との関係」について講演する。

 さらに、約30年にわたり、地元資源、特徴を生かした「地産地消」「学校給食の充実」などの取組みを進めている今治市の産業部長が講師として参加。今治市独自の政策や、地産地消のまちづくりによる市民への食育効果、今治市の活性化について紹介する。

 定員は250人。郵送もしくはFAX、Webサイトにて申込みを受け付ける。申込受付期間は12月12日~平成29年2月17日までだが、先着順のため定員になり次第、申込受付を終了する。

◆第11回 食育セミナー
日時:平成29年2月25日(土)13:30~16:00
場所:hu+gMUSEUM(大阪市西区千代崎3丁目南2番59号)
定員:250人(先着順、定員になり次第受付を終了する)
対象:教育関係者(学校教諭、栄養教諭、栄養士ほか)、保育関係者(保育士、調理員ほか)、行政関係者(まちづくり、地方創生、教育行政関係者ほか)
費用:無料
申込方法:郵送もしくはFAX、Webサイトより受け付ける
申込受付期間:平成28年12月12日(月)~平成29年2月17日(金)
後援:文部科学省、厚生労働省、農林水産省近畿農政局、大阪府教育委員会、兵庫県教育委員会、京都府教育委員会、奈良県教育委員会、滋賀県教育委員会、和歌山県教育委員会、大阪市、大阪市教育委員会、神戸市教育委員会、京都市教育委員会
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

林野庁「学校の森・子どもサミット」1/28 一般観覧100名募集

林野庁「学校の森・子どもサミット」1/28 一般観覧100名募集

 林野庁などは1月28日、「平成28年度 学校の森・子どもサミット冬大会」を日本生命日比谷ビルで開催する。サミットでは、全国から集まった小中学生が森林を活用した体験活動について発表する。一般観覧の申込みは1月26日まで。
子ども×デジタルメディア、豊橋でシンポジウム2/11・12

子ども×デジタルメディア、豊橋でシンポジウム2/11・12

 らるご子ども教育研究所は2月11日・12日、愛知県豊橋市にあるこども未来館ここにこで「デジタルで創ろう!」を開催する。大人向けのシンポジウムは、子どもの学びに関心のあるすべての人が対象。参加申込をWebサイトにて受け付けている。
英語教職員向け、研究者らの成果発表「特別講演会」3/18

英語教職員向け、研究者らの成果発表「特別講演会」3/18

 日本英語検定協会 英語教育研究センターは3月18日、研究者らの成果発表を行う「特別講演会」を都内で開催する。対象は、小中学校・高校・大学の教職員、大学生・大学院生、英語教育に関心のある人。定員100名。講演会後には懇親会も予定されている。
教育関係者向け「平成28年度SPH成果発表会」2/6

教育関係者向け「平成28年度SPH成果発表会」2/6

 文部科学省は平成29年2月6日、「平成28年度スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール成果発表会」を開催する。参加を希望する都道府県・政令指定都市教育委員会などの関係者・学校関係者などは、平成29年1月13日までにメールで申込みが必要。
実践報告や意見交換「かながわ学力向上シンポジウム」1/20

実践報告や意見交換「かながわ学力向上シンポジウム」1/20

 神奈川県教育委員会は平成29年1月20日、神奈川県立総合教育センターで「平成28年度かながわ学力向上シンポジウム」を開催する。一般参加者の事前申込みは不要。県内公立学校教職員や保護者は、各学校で取りまとめ、所管の教育委員会を通じて申し込む。
大阪ガス「食育セミナー」2/25、教育・保育・行政関係者募集
大阪ガス「食育セミナー」2/25、教育・保育・行政関係者募集

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR