イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

相対性理論とタイムマシン、宇宙探求ワークショップ2/26

 アルバ・エデュとサイボウズは2017年2月26日、小学校3年生から中学生を対象とした宇宙探求ワークショップ「アインシュタインと未来へGo!!」を開催する。相対性理論(入門編)の解説やICTを使ったタイムマシンの探求などを行う。参加費は3,800円で、定員は先着30名。

 アルバ・エデュとサイボウズは、「STEM(科学分野)×ICT」を軸にして、「話すちから」を伸ばす探求型ワークショッププロジェクトを行っている。好評だったという宇宙探求ワークショップ「My惑星へGo!!」に引き続き、第2弾となる今回は「アインシュタインと未来へGo!!~時間のふしぎとタイムマシン~」をテーマに実施する。

 当日は相対性理論について、子どもでも楽しめるような形で解説を聞き「時間の不思議な世界」を楽しく学ぶ。その後、アプリ開発プラットフォーム「kintone(キントーン)」上で、自分たちのタイムマシンについて入力。自分たちのタイムマシンでタイムトラベルした「未来世界」のようすを想像し発表を行う。また、英語に触れる発話練習や、発表に向けた発声練習も実施する。

 申込みはアルバ・エデュWebサイトから、先着順で30名まで申込みを受け付ける。参加費は3,800円。第1弾「My惑星へGo!!」の活動報告が、Webサイトに掲載されている。

◆宇宙探求ワークショップ
「アインシュタインと未来へGo!!~時間のふしぎとタイムマシン~」
日時:2017年2月26日(日)9:00~12:00
会場:サイボウズ 東京オフィス(東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー27階・受付)
対象:小学校3~6年生・中学生
定員:30名(先着順)
参加費:3,800円
申込方法:アルバ・エデュWebサイトから申し込む
※定員に達し次第締め切る
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

【夏休み2018】26府省庁「こども霞が関見学デー」8/1・2

【夏休み2018】26府省庁「こども霞が関見学デー」8/1・2

 文部科学省をはじめとした府省庁等が連携して、夏休み期間中、幼児や小中学生を対象に業務説明や省内見学などを行う「こども霞が関見学デー」が平成30年(2018年)8月1日と2日の2日間、26府省庁等で実施される。
4/16-22「科学技術週間」つくばエリアで研究機関一般公開

4/16-22「科学技術週間」つくばエリアで研究機関一般公開

 4月18日の「発明の日」を含む1週間は「科学技術週間」。2018年も、全国の科学館や大学、試験研究所などが関連行事を実施している。科学の街つくばでは、筑波研究学園都市に位置する研究機関が一般公開などを実施予定だ。
【GW2018】TEPIA先端技術館、プログラミング無料体験やものづくり教室

【GW2018】TEPIA先端技術館、プログラミング無料体験やものづくり教室

 TEPIA先端技術館が、2018年ゴールデンウイークイベントを開催する。イベント限定で特別なプログラミング操作体験ができるほか、日替わりでロボットプログラミング教室、3Dプリンタ教室なども実施。操作体験は参加無料。教室への参加は一部有料で、事前申込制。
「Gifte!」親子体験、4-6月は金融・将棋・プログラミングなど

「Gifte!」親子体験、4-6月は金融・将棋・プログラミングなど

 みらいスクールが運営する親子体験プラットフォーム「Gifte!(ギフテ)」は2018年4月~6月、お金体験や将棋体験、プログラミング体験、キッズアナウンサー体験を開催する。同じジャンルの体験でも参加学年を細かく設定し、より学びを深める内容となっている。
不思議なコップを作ろう「なぜなに?かがく実験教室」5/26

不思議なコップを作ろう「なぜなに?かがく実験教室」5/26

 「夢・化学-21」は2018年5月26日、小学1年生から4年生を対象とした「なぜなに?かがく実験教室」を科学技術館で開催する。参加費は無料。応募はWebサイトより、4月24日まで受け付けている。応募多数の場合は抽選。
相対性理論とタイムマシン、宇宙探求ワークショップ2/26
相対性理論とタイムマシン、宇宙探求ワークショップ2/26

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR