イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

相対性理論とタイムマシン、宇宙探求ワークショップ2/26

 アルバ・エデュとサイボウズは2017年2月26日、小学校3年生から中学生を対象とした宇宙探求ワークショップ「アインシュタインと未来へGo!!」を開催する。相対性理論(入門編)の解説やICTを使ったタイムマシンの探求などを行う。参加費は3,800円で、定員は先着30名。

 アルバ・エデュとサイボウズは、「STEM(科学分野)×ICT」を軸にして、「話すちから」を伸ばす探求型ワークショッププロジェクトを行っている。好評だったという宇宙探求ワークショップ「My惑星へGo!!」に引き続き、第2弾となる今回は「アインシュタインと未来へGo!!~時間のふしぎとタイムマシン~」をテーマに実施する。

 当日は相対性理論について、子どもでも楽しめるような形で解説を聞き「時間の不思議な世界」を楽しく学ぶ。その後、アプリ開発プラットフォーム「kintone(キントーン)」上で、自分たちのタイムマシンについて入力。自分たちのタイムマシンでタイムトラベルした「未来世界」のようすを想像し発表を行う。また、英語に触れる発話練習や、発表に向けた発声練習も実施する。

 申込みはアルバ・エデュWebサイトから、先着順で30名まで申込みを受け付ける。参加費は3,800円。第1弾「My惑星へGo!!」の活動報告が、Webサイトに掲載されている。

◆宇宙探求ワークショップ
「アインシュタインと未来へGo!!~時間のふしぎとタイムマシン~」
日時:2017年2月26日(日)9:00~12:00
会場:サイボウズ 東京オフィス(東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー27階・受付)
対象:小学校3~6年生・中学生
定員:30名(先着順)
参加費:3,800円
申込方法:アルバ・エデュWebサイトから申し込む
※定員に達し次第締め切る
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

北大、冬の植物園でマツ観察やかんじき体験3/4・5

北大、冬の植物園でマツ観察やかんじき体験3/4・5

 北海道大学植物園は、小学生向けの公開講座「冬の植物園ウォッチング・ツアー」を3月4日と5日の2日間、開催する。植物園内の観察や工作体験ができる。参加費は1人100円。申込みは2月17日まで。
土屋鞄、2月のワークショップは「革ベルトのおもちゃ時計つくり」

土屋鞄、2月のワークショップは「革ベルトのおもちゃ時計つくり」

 土屋鞄製造所は、全国のランドセル専門店10店舗において子ども向けのワークショプ「革ベルトのおもちゃ時計をつくろう!」を2月に無料開催する。針をくるくると手で動かせるおもちゃの時計つくりで、対象は小学生以下。定休日以外毎日開催する。
JAXA研究者の授業「宇宙学校・いき」1/22、当日先着400名

JAXA研究者の授業「宇宙学校・いき」1/22、当日先着400名

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)宇宙科学研究所と壱岐市教育委員会は1月22日、小学4年生から中学生、保護者などを対象とした「宇宙学校・いき」を壱岐の島ホールで開催する。専門の先生方によるわかりやすい宇宙の話が授業形式で行われる。申込みは不要、先着400名。
ソニー「KIDSTONE」がミュージカル出演者募集

ソニー「KIDSTONE」がミュージカル出演者募集

 ソニー・ミュージックエンタテインメントによるキッズ専門ブランド「KIDSTONE」とJOY Kids' Theaterは、ミュージカル「the WIZ」の出演者を募集している。対象は年少(新年中)~高校生。1月には無料体験レッスンも開催する。
京大准教授と迫る「オーロラの謎」京進の特別講義…京都・愛知2/5

京大准教授と迫る「オーロラの謎」京進の特別講義…京都・愛知2/5

 京都・滋賀・愛知を中心に学習塾を展開する京進は2月5日、京都と愛知にて京都大学准教授の海老原祐輔氏による特別講義「オーロラの謎を解き明かす」を開催する。対象は小学4年生~高校生。定員は京都105名、愛知80名。京進Webサイトにて申込みを受け付けている。
相対性理論とタイムマシン、宇宙探求ワークショップ2/26
相対性理論とタイムマシン、宇宙探求ワークショップ2/26

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR