イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

教育関係者向け「平成28年度SPH成果発表会」2/6

 文部科学省は平成29年2月6日、「平成28年度スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール成果発表会」を開催する。参加を希望する都道府県・政令指定都市教育委員会などの関係者・学校関係者などは、平成29年1月13日までにメールで申込みが必要。

 平成26年度から実施している「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)事業」では、社会の第一線で活躍できる専門的職業人の育成を目指して、先進的な卓越した取組みを行う専門高校を指定して研究開発を行っている。指定期間は原則3年(専攻科を含める場合は最長5年)で、平成26年度~28年度に計30校がSPHに指定されている。

 成果発表会では、SPH事業の研究指定校の教員による実践内容や成果などについての発表とポスター展示を実施。各学校の発表後には、担当視学官・教科調査官からの講評も行われる。研究指定3年目の10校は発表、研究指定2年目・3年目の20校はポスター展示を予定している。

◆平成28年度スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール成果発表会
日時:平成29年2月6日(月)受付9:30~
時間:発表/10:00~16:00、ポスター展示/9:30~16:00
場所:文部科学省 旧文部省庁舎6階第2講堂(東京都千代田区霞が関3-2-2)
対象:都道府県・政令指定都市教育委員会などの関係者・学校関係者など
申込方法:平成29年1月13日(金)までにメールを送る
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

教師も京大で学ぼう、第39回「数学入門公開講座」7/31-8/3

教師も京大で学ぼう、第39回「数学入門公開講座」7/31-8/3

 京都大学数理解析研究所は7月31日~8月3日、「第39回数学入門公開講座」を開催する。対象は、中学・高校教師や大学生、社会人など数学的素養のある者。6月12日より、Webサイトもしくは往復はがきにて申込みを受け付ける。
高大社接続と大学入試を考える、北大「入試改革フォーラム」5/22

高大社接続と大学入試を考える、北大「入試改革フォーラム」5/22

 北海道大学アドミッションセンターは5月22日、入試改革フォーラム「高校・大学・社会をつなぐ大学入試を目指して」を同大学学術交流会館にて開催する。基調講演、現状報告に続き、登壇者たちによるパネルディスカッションが行われる。申込締切は5月10日。
英語教員対象、TOEFL iBTワークショップを全国7都市で開催

英語教員対象、TOEFL iBTワークショップを全国7都市で開催

 英語教員に向けた「TOEFL iBTテストPropellワークショップ」が8月~12月、仙台・徳島・東京・札幌・大阪・福岡・沖縄の全国7都市で開催される。参加費は2,000円~3,000円。Webサイトより申込みを受け付けている。
元五輪選手の出張講義「スケートキャラバン」全国から開催5校を募集

元五輪選手の出張講義「スケートキャラバン」全国から開催5校を募集

 朝日新聞社は、元五輪日本代表のフィギュアスケーターが全国の小学校を訪ねる出張体験型授業「スケートキャラバン」を、一部期間を除く7月~2018年3月に開催する。開催校は全国で5校を予定。5月31日まで開催希望校を募集する。
基礎や仕組みを実習「マインクラフトとプログラミング教室」4/22

基礎や仕組みを実習「マインクラフトとプログラミング教室」4/22

 アドミンティーチャーズは4月22日「マインクラフトとプログラミング教室」をマイクロソフト関西支社で開催する。対象は、小中高等学校の教員や教育に関心のある者。参加費無料。メールにて申込みを受け付ける。
教育関係者向け「平成28年度SPH成果発表会」2/6
教育関係者向け「平成28年度SPH成果発表会」2/6
教育関係者向け「平成28年度SPH成果発表会」2/6
教育関係者向け「平成28年度SPH成果発表会」2/6

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR