イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

「タイガーマスクW」二匹の虎が東京ドームで激突 三森すずこがタイガーと一緒に入場

1月4日、テレビアニメ『タイガーマスクW』のスペシャルマッチ「タイガーマスクW VS タイガー・ザ・ダーク」の対戦カードが実現した。ゲストには二人のタイガー役を演じた八代拓と梅原裕一郎に加えて、マネージャー・高岡春奈役の三森すずこ、プロレス雑誌の記者・来間ヒカリ役の橘田いずみが応援に駆け付けた。

今回のスペシャルマッチは新日本プロレスが主催するプロレスイベント「WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム」の第1試合として開催された。2016年10月には「タイガーマスクW VS レッドデスマスク」という対決が行われたが、今回はタイガーマスク同士という夢のバトルが繰り広げられた。
東京ドームの大観衆が見守る中、まずはタイガー・ザ・ダークが登場。華麗にロープを飛び越えての入場に、ファンから大歓声が沸き起こる。続いては湘南乃風が歌う主題歌「行けタイガーマスク」に乗ってタイガーマスクWが登場。しかも三森がアニメ本編の衣装そのままに先導し、タイガーはコーナーポストの上で人差し指を突き立てるおなじみのポーズでリングイン。『タイガーマスクW』の世界がリング上で再現された。

二人の対決は序盤から一進一退の攻防を展開。タイガーマスクWが華麗な空中殺法でタイガー・ザ・ダークを苦しめれば、タイガー・ザ・ダークは関節技にトゥームストーンパイルドライバーなどで応戦。目の肥えたプロレスファンからも驚きの声が上がる。



自分たちが演じるキャラクターの対決を食い入るように見つめていた八代と梅原も、みごとな戦いぶりに大興奮。最後は大きな拍手を送っていた。
『タイガーマスクW』は2クール目に突入し、物語は佳境を迎えている。アニメとリングで展開する激闘に今後も期待が膨らんでいく。

[キャストコメント]
八代拓
「“1.4東京ドーム”という新日本プロレスの大舞台でタイガーマスクWが第1試合に出るというのがすごくうれしかったです。両国のときも興奮しましたが、今回はタイガー・ザ・ダークが相手ということでさらにワクワクしました。
三森さんが一緒に入場してきた時はびっくりしました(笑)。ただ、アニメの春奈ちゃんならあそこまで堂々とやってくれそうだな、と。今日の三森さんはまさに春奈ちゃん、ステキな春奈ちゃんでした。
今日、観戦させていただいて、生のプロレスの迫力をこれからアニメでも表現できたらと思いました。今日のタイガーマスクW、タイガー・ザ・ダークはアニメのキャラクターの技や動きがアニメに似てきたと思いました。これからが本当に楽しみです。
今日の試合では異次元殺法のような空中殺法を見せてくれたので、それと同じものがアニメでも表現出来たらと思ってやっています。皆さんには、そんなプロレスの魅力をアニメでも見ていただけたらと思っています」

梅原裕一郎
「マスクはもちろんのこと、タイガー・ザ・ダークの長い髪も再現されていて、リアルに感じました。試合中はどうしてもダーク目線で見てしまって、ちょっとピンチになると本当にハラハラしちゃって(笑)。写真でも撮ろうかと思ったんですが、そんな暇もなくのめり込んじゃいました。ダークは悪役レスラーという立場なので、どうしても会場はタイガーマスクWへの歓声が多い。その中で戦っていくことの大変さが身にしみてわかりました。アニメでもそういうシーンが多いので、その気持ちをすごく感じとることが出来ました。
試合中のリアルな音や声が聴けたので生で見られて良かった、本当に勉強になりました。僕らは声だけで芝居をしなくてはいけないので、想像の世界でしかなかったものがリアルに体験できたおかげで、今後は説得力が生まれるんじゃないかと思います。
1クール目はタイガー・ザ・ダーク/タクマにとっては辛い終わり方でしたが、そこからどうはい上がっていって、目的へ向かっていくのか。そんなタクマの進み方と、だんだん変わってきている周りの人間との関係性などにも注目していただければ、より一層楽しんでいただけると思います」

三森すずこ
「私は『タイガーマスクW』の試合は初観戦だったのですが、一緒に入場と聞いてやる前はビクビクだったんです(笑)。普段は一ファンとして見ているプロレスに、自分などが出ていっていいのかと思いましたから。ただ、今日は春奈になりきって、「自分が春奈だ」と思い込んでやりました(笑)。春奈だったらきっと堂々とやってくれるだろうな、と。それにしても貴重な経験でした。
前回の両国は見に行けなかったのですが、今回は間近で見させてもらって、普段アニメで見慣れた技や動きを本物のレスラーの方が再現されているのを見て感動しました。もう涙が出そうでした。
この“イッテンヨン”でタイガーとタイガー・ザ・ダークが戦って2017年がスタートしました。これで今年は、ますま す『タイガーマスクW』が盛り上がっていくこと間違いなしですから、私もキャストの一員としてその流れに乗って頑張ろうと思います」


『タイガーマスクW』
(C)梶原一騎・辻なおき/講談社・テレビ朝日・東映アニメーション

関連するイベントニュース

ありそうで無かった

ありそうで無かった"本格野外アニソンフェス"!ライブ、ダンス、DJ...幅広くアニソンを楽しむ2DAYS

国内最大のアニソン系DJイベント「Re:animation」が、“日本初のアニソン系本格野外音楽フェスティバル”を目指し「Re:animation 12」(7月14~15日開催)のクラウドファンディングを開始。あわせてfhána、ORESAMA、ヒゲドライバーら出演者第一弾が発表された。
「邪神ちゃんドロップキック」ニコ生でキャスト発表! アニメ映像初公開のPVも

「邪神ちゃんドロップキック」ニコ生でキャスト発表! アニメ映像初公開のPVも

2018年7月放送予定のTVアニメ『邪神ちゃんドロップキック』よりメインキャストが発表。さらにアニメ映像を使用したプロモーション映像も公開となった。
「ちはやふる」末次由紀の

「ちはやふる」末次由紀の"初"原画展! 展示、アトリエの再現...ファン必見な要素が盛り沢山

TVアニメ化、実写映画化など様々なメディアミックスで大ヒットとなった『ちはやふる』の作者・末次由紀の初となる原画展が開催決定。「ちはやふるの世界~末次由紀 初原画展~」と銘打って、東京、大阪、名古屋にて展開される。
「ヤマト2202」第五章のサブタイトルは“煉獄篇” 5月25日劇場上映スタート

「ヤマト2202」第五章のサブタイトルは“煉獄篇” 5月25日劇場上映スタート

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第四章「天命篇」の劇場上映が1月27日にスタートした。それにあわせて、第五章の最新情報が明らかになった。サブタイトルは「煉獄篇」に決定し、5月25日に劇場上映される。
「ニル・アドミラリの天秤」本編カット含む最新PVが公開 梶裕貴ら登壇の先行上映会も

「ニル・アドミラリの天秤」本編カット含む最新PVが公開 梶裕貴ら登壇の先行上映会も

TVアニメ『ニル・アドミラリの天秤』(2018年4月放送開始)より、本編カットを使用した最新PVが公開。あわせて追加キャストが発表され、3月には梶裕貴ら登壇の先行上映会の開催が決定した。
「タイガーマスクW」二匹の虎が東京ドームで激突 三森すずこがタイガーと一緒に入場
「タイガーマスクW」二匹の虎が東京ドームで激突 三森すずこがタイガーと一緒に入場
「タイガーマスクW」二匹の虎が東京ドームで激突 三森すずこがタイガーと一緒に入場
「タイガーマスクW」二匹の虎が東京ドームで激突 三森すずこがタイガーと一緒に入場
「タイガーマスクW」二匹の虎が東京ドームで激突 三森すずこがタイガーと一緒に入場
「タイガーマスクW」二匹の虎が東京ドームで激突 三森すずこがタイガーと一緒に入場

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR