イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

馳前文科大臣登壇「子どもみんなプロジェクト」シンポジウム2/4

 文部科学省委託事業「子どもみんなプロジェクト」は2月4日、千葉大学医学部で教育関係者らを対象とした「子どもみんなシンポジウム2017 in 千葉」を開催する。参加費は無料。参加申込みをWebサイトやメール、FAXにて受け付けている。

 「子どもみんなプロジェクト」は、不登校やいじめ、キレる子ども、非行など、子どもの「こころの発達の危機」とも言える問題について、教育現場と研究者が連携して解決にあたることを目的としている。問題行動にのみ焦点を当てた取組みでなく、問題行動と背景にある子どもたちのこころの育ちを前方視的に追いかけながら、子どもたちを理解し支援していくという。

 シンポジウムでは現在の進捗状況を社会に知らせ、多くの人の参画を促し、それぞれの立場から議論を深めてほしいとしている。衆議院議員の馳浩前文部科学大臣が基調講演を行うほか、研究者や教育関係者による「子どもたちの未来を創る ~科学的アプローチの可能性~」と題したシンポジウムも行われる。

 教師や教育委員会など教育関係者をおもな対象としているが、誰でも参加可能。事前に申込みが必要で、Webサイトやメール、FAXにて受け付けている。定員500名に達し次第、受付を終了する。

◆子どもみんなシンポジウム2017 in 千葉
日時:2017年2月4日(土)13:30~ ※受付開始13:00
場所:千葉大学医学部ゐのはな記念講堂(千葉市中央区亥鼻1丁目8-1)
対象:教育関係者ほか
参加費:無料
定員:500名
申込方法:Webサイト、メール、FAXにて受け付けている
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

高校教師対象、NEKK・英検の「冬期英語教育セミナー」12/11

高校教師対象、NEKK・英検の「冬期英語教育セミナー」12/11

 日本英語教育研究会と日本英語検定協会は、高校教師のための冬期英語教育セミナーを12月11日、日本外国語専門学校で開催する。高校の英語教育事例や基調講演、TEAPの最新動向を紹介するなど、日本の英語教育について学ぶ。参加は無料。
幼児教育140年の歴史から未来を考える、国立教育政策研究所1/16

幼児教育140年の歴史から未来を考える、国立教育政策研究所1/16

 文部科学省国立教育政策研究所は2017年1月16日、幼児教育研究や研修のあり方について考える、幼児教育研究センター発足記念シンポジウムを開催する。聴講は無料、定員は300人。
世界Top10教員 高橋一也氏と考えるアクティブラーニングのあり方10/29

世界Top10教員 高橋一也氏と考えるアクティブラーニングのあり方10/29

 アクティブラーニングを始めとする21世紀型教育を考える「銀座ミライ会議」が、10月29日の午後5時より開催される。
学力向上に大切な方策とは…福井教育フォーラム11/18-19

学力向上に大切な方策とは…福井教育フォーラム11/18-19

 福井県は、「福井教育フォーラム」を11月18日と19日に開催する。「考えよう、これからの学力向上に大切な方策」をテーマに、授業公開や意見交換、シンポジウムを行い、全国の教育関係者との意見交換を通じてよりよい教育の実践に役立てる。
グローバル人材を育てる「地球村への10のステップ」講演会10/22

グローバル人材を育てる「地球村への10のステップ」講演会10/22

 グローバル教育研究所は10月22日、おもに中高生向けのグローバル教育プログラムを紹介、体験する講演会を東京ウィメンズプラザで開催する。参加費は一般5,000円、学生は1,000円(いずれも税込)。定員は先着200名。
馳前文科大臣登壇「子どもみんなプロジェクト」シンポジウム2/4
馳前文科大臣登壇「子どもみんなプロジェクト」シンポジウム2/4
馳前文科大臣登壇「子どもみんなプロジェクト」シンポジウム2/4

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR