イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

鉄旅オブザイヤー2016に「ながまれ海峡号」…旅行会社がプロデュースする観光列車

鉄旅オブザイヤー実行委員会が主催する「2016年度 鉄旅オブザイヤー」で、日本旅行が企画・実施した企画商品「赤い風船『観光列車・ながまれ海峡号に乗ろう』」が、グランプリを受賞した。表彰式が25日、さいたま市の鉄道博物館で実施された。

鉄旅オブザイヤーは、旅行のプロが国内の優れた鉄道旅行商品を表彰し、「鉄道旅行」ならではの魅力を発信することを目的としている。今回が第6回目。審査員は、『旅と鉄道』誌の芦原伸編集長を委員長に、鉄道について造詣のある大学教員、新聞記者や鉄道ライターら。本年度は106作品がノミネートされた。

グランプリの「ながまれ海峡号」は2016年3月の北海道新幹線と同時に第3セクターで開業した「道南いさりび鉄道」が運行する観光列車だ。

この観光列車は、企画から商品造成、サービス提供までをすべて日本旅行が行なう「日本初の旅行会社がプロデュースする観光列車」として話題となった。沿線地域との連携による地域活性化をテーマとするこの列車は毎月1~2本程度が運行され、日本旅行ではそれに合わせた旅行商品を造成、ほぼ満席での運行を続けている。

日本旅行によると、日本においても「鉄道旅行」のニーズが急増しているという。日本各地には “鉄道を中心的な観光資源”として地域の活性化を目指している自治体も少なくない。「ながまれ海峡号」の取組を通じて「地方創生」に向けてヒントを提起できたことが、グランプリ受賞につながったものと、同社では考えている。
提供元:Response

関連するイベントニュース

8000万円 or 3000万円? ヤマハの最新クルーズ艇、2つのリッチな世界とユーザー像

8000万円 or 3000万円? ヤマハの最新クルーズ艇、2つのリッチな世界とユーザー像

金を積めば宇宙にも行ける時代。人をどこかへ連れてってくれる陸海空のハコはいろいろある。海を行く船の世界も、驚がくを軽く飛び越えるアッパーな世界があった。
修復した旧別府鉄道キハ2を公開 11月11日…往年のルノーも登場

修復した旧別府鉄道キハ2を公開 11月11日…往年のルノーも登場

旧別府鉄道キハ2号を守る会は11月11日、兵庫県加古川市野口町に静態保存されている旧別府(べふ)鉄道キハ2の第1期修復工事状況を公開する。
初公開のニューモデルも! 横浜ボートフェスタ2017

初公開のニューモデルも! 横浜ボートフェスタ2017

10月6~8日の3日間、横浜ベイサイドマリーナ(横浜市)で「横浜ボートフェア2017」が開催された。マリンレジャーをこれから始めようという人から、すでに何艇も乗り換えているベテランマリンレジャーファンまで、大勢が会場を訪れた。
1日1本の駅に道内最古の路線バスが…新十津川駅で「秋の終着駅フェスタ」 10月14日

1日1本の駅に道内最古の路線バスが…新十津川駅で「秋の終着駅フェスタ」 10月14日

北海道新十津川町の終着駅フェスタ実行委員会は10月14日、札沼線(学園都市線)の終点・新十津川駅で「秋の終着駅フェスタ」を開催する。開催時間は9時から15時まで。
クルーザーで「シーピク」やってみた…免許取得から、“海ライフ”は意外と手軽?

クルーザーで「シーピク」やってみた…免許取得から、“海ライフ”は意外と手軽?

にわかに「Sea picnic(シー・ピクニック)」が盛り上がっているらしい。といっても、特に定義が決まっているわけではなく、海近郊のビーチサイドなどでフォトジェニックなピクニックをして、インスタグラムなどのSNSに投稿する、というのがおおよそのケースだ。
鉄旅オブザイヤー2016に「ながまれ海峡号」…旅行会社がプロデュースする観光列車
鉄旅オブザイヤー2016に「ながまれ海峡号」…旅行会社がプロデュースする観光列車

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR