イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

AnimeJapan 2017 平日開催のビジネスエリアは来場者過去最多の4051人

2017年3月23日から26日まで、アニメの総合イベント「AnimeJapan 2017」が東京ビッグサイトで開催された。今年は初の4日間開催となり、23・24日の平日2日間にビジネスエリア、25・26日の土日にメインエリアを展開。
メインエリアは、東1から8ホールを使用した過去最大規模で行われ、14万5453人が来場した。ビジネスエリアは、前回と同じ会議場棟で開催し、52社が出展。来場者は過去最多の4051人に達した。

ビジネスエリアは開場後から、受付に列ができるほどの盛況ぶり。会場は出展企業が昨年の39社から52社に増えたとあって、かなり賑わっていたように感じられた。
企業は映像ソフトメーカー、放送局、アニメーション制作会社などが昨年に引き続き出展。近年アニメで目覚ましい発展を見せる中国からは、絵梦株式会社、NetEase、北京動上下動優文化傳媒有限公司、有妖気、株式会社ビリビリなどが出展。昨年よりも増加している。他にも「C3」との統合が発表されたAFA - Anime Festival Asiaをはじめ、Anime Expo、オタコープ、ジャパンエキスポ、HINODE POWER JAPAN、ReedPOPといった海外のアニメイベントのブースが多く見受けられた。その出展数からも海外でのアニメイベント需要の高さが窺い知れる。今回の出展で、日本の企業への周知や勧誘の動きもあるだろう。

施策としては、前回も行われたアニメビジネスの相談役であるアニメビジネスコンシェルジュ、JETROによる海外バイヤーとのビジネスマッチング「AJ×JETRO Anime Biz Match」が実施された。商談スペースは昨年に続き盛況だった。

今年から新たに登場したアニメキャラクター紹介パネルは、来場者にキャラクターの窓口企業を紹介するためのもの。近くには用紙が置かれ、作品や連絡先を記入することで実際に窓口企業へ届けられる。商談などで時間がない出展社や来場者に嬉しい、新たなビジネスマッチングを生むための試みだ。
紹介されている多くはもちろん日本企業のキャラクターだが、中国企業のキャラクターも席巻。なかでも電子マンガサイト「有妖気」はパネルに紹介した作品数が10に上り、既にアニメ化しているコンテンツの多さが印象的だった。海外企業が日本のアニメを買い付けに来るというイメージがあった本イベントも、中国企業の台頭でまた別の広がりを見せそうだ。

さらに今年初登場の「AJ×ABPFアニメビジネス大学」は国内の企業に向けたセミナーで、アニメのライセンスや商品化、広告、地域活性といった内容の講演を行った。関係者によると、事前の申し込みでほぼ満員となったそうだ。

ビジネスエリアは昨年と比較し出展が10以上増え、来場者も3309人から4051人と数字でもその盛り上がりが分かる結果となった。年々イベントの知名度も高くなり、今回は平日2日間開催でより参加しやすくなったことも要因だろう。劇場アニメの大ヒットや配信、音楽など、様々な取り組みが発表されていることから、アニメはさらに関心を集めている。2018年もビジネスエリアは平日2日間の開催が決まっている。より多くの参加が見込まれそうだ。

AnimeJapan 2017
ビジネスエリア:2017年3月23日(木)~3月24日(金)
メインエリア:2016年3月25日(土)~3月26日(日)
会場:東京ビッグサイト

関連するイベントニュース

日本のアニメーション生誕100周年 「アニメNEXT100」が照らし出すアニメの起源と未来【AJ2017】

日本のアニメーション生誕100周年 「アニメNEXT100」が照らし出すアニメの起源と未来【AJ2017】

2017年3月26日(日)、「アニメNEXT100」が取り組むプロジェクトの発表と調査報告シンポジウム「アニメNEXT100 「日本のアニメ大全」」が、AnimeJapan 2017のセミナーステージで行われた。その様子をレポートする。
「ジョジョ展」杜王町のモデル・仙台で開催 キャストイベントやコラボ事業も明かされた制作発表会レポート

「ジョジョ展」杜王町のモデル・仙台で開催 キャストイベントやコラボ事業も明かされた制作発表会レポート

今年で生誕30周年を迎える『ジョジョの奇妙な冒険』を記念して開催される「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町2017」。4月24日、本イベントの制作発表会が東京ミッドタウンカンファレンスで行われた。
アニメはどんなビジネスに使えるのか? 「ガンダム」「ラスカル」を例に講義【AJ2017】

アニメはどんなビジネスに使えるのか? 「ガンダム」「ラスカル」を例に講義【AJ2017】

3月23日から26日、東京ビッグサイトにてAnimeJapan 2017が開催された。ビジネスデイの23日に行われた「アニメビジネス入門:今日からはじめるアニメビジネス」の様子をレポートする。
佳村はるかが応援サポーターに就任!「京都国際マンガ・アニメフェア2017」開催概要発表会

佳村はるかが応援サポーターに就任!「京都国際マンガ・アニメフェア2017」開催概要発表会

4月13日、映像産業振興機構で関西最大級のアニメ・マンガの祭典「京都国際マンガ・アニメフェア 2017」(以下、京まふ)の開催概要発表会見が行われた。会場には応援サポーターを務める声優・佳村はるか、京都市長・門川大作らが参加した。

「らき☆すた」から10周年 地域連携展開事例をKADOKAWAの宣伝マンが振り返る【AJ2017】

Anime Japan 2017 ビジネスデー2日目となる3月24日に行われた、アニメ活用ビジネスの基礎講座「アニメビジネス大学」では、「アニメを使ったイベント、そこから生まれる地域活性とは」をテーマにした講座が行われた。
AnimeJapan 2017 平日開催のビジネスエリアは来場者過去最多の4051人
AnimeJapan 2017 平日開催のビジネスエリアは来場者過去最多の4051人
AnimeJapan 2017 平日開催のビジネスエリアは来場者過去最多の4051人
AnimeJapan 2017 平日開催のビジネスエリアは来場者過去最多の4051人
AnimeJapan 2017 平日開催のビジネスエリアは来場者過去最多の4051人
AnimeJapan 2017 平日開催のビジネスエリアは来場者過去最多の4051人
AnimeJapan 2017 平日開催のビジネスエリアは来場者過去最多の4051人
AnimeJapan 2017 平日開催のビジネスエリアは来場者過去最多の4051人
AnimeJapan 2017 平日開催のビジネスエリアは来場者過去最多の4051人

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR