イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

自然の不思議を発見しよう…筑波大「科学の芽」賞、8/20-9/30応募

 筑波大学は、小中高生を対象に、自然や科学への関心を育てることを目的としたコンクールを実施する。第12回「科学の芽」賞の応募期間は8月20日から9月30日。自然現象からの発見を、全国より募集する。

 「科学の芽」賞は、筑波大学の前身の東京教育大学の学長を務めるなど、同大学にゆかりのあるノーベル物理学賞受賞者、朝永振一郎博士を記念して創設された。賞の名称は、朝永博士が子どもに向けて色紙に書いた言葉から引用している。

 応募作品には、自然現象の不思議を発見し、観察や実験をして考えたことを、レポート用紙A4判10枚以内(表紙含まず)にまとめる。素直な疑問や発見があり、科学への思いが伝わってくるような作品を募集するという。

 応募資格は全国の小学校3学年から、中学校、高等学校(高等専門学校3年次までを含む)、中等教育学校、特別支援学校の個人もしくは団体。「小学生部門」、「中学生部門」、「高校生部門」に分けて公募する。

 募集期間は8月20日~9月30日(消印有効)。応募の際は、筑波大学Webサイトより応募用紙を出力し、必要事項を記入して、応募作品と一緒に送付する。

 受賞者には、筑波大学長から表彰状および記念品が贈られる。表彰式と発表会は12月23日、茨城県つくば市の筑波大学大学会館にて行われる予定。

◆第12回「科学の芽」賞 応募要領
応募期間:2017年8月20日(日)~9月30日(土)※消印有効
応募資格:全国の小学校3学年~、中学校、高等学校(高等専門学校3年次までを含む)、中等教育学校、特別支援学校の個人もしくは団体。
応募方法:第12回「科学の芽」賞の応募用紙に必要事項を記入のうえ、応募作品と一緒に提出する。
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

小・中学生対象のPCNプログラミングコンテスト、1/7まで作品を募集

小・中学生対象のPCNプログラミングコンテスト、1/7まで作品を募集

 すべての子どもたちにプログラミングを学ぶ機会を届ける活動を行っているプログラミング クラブ ネットワーク(PCN)は、「PCNこどもプログラミングコンテスト2017冬」を開催。小・中学生を対象に、2018年1月7日まで作品を募集する。
パシフィコ横浜×はまぎん、みなとみらいで星空観察1/23

パシフィコ横浜×はまぎん、みなとみらいで星空観察1/23

 パシフィコ横浜とはまぎんこども宇宙科学館は2018年1月23日、共同企画「みなとみらいで星空観察」を開催する。天体望遠鏡を使った星空観察、天文専門員によるレクチャー、ステンドグラスの特別公開を楽しむことができる。参加無料。事前申込制。
4次元シアターで宇宙を体験、京都「アストロトーク」12/23

4次元シアターで宇宙を体験、京都「アストロトーク」12/23

 京都大学総合博物館では2017年12月23日、花山星空ネットワーク主催によるアストロトークを実施する。天文講演と3Dメガネを使った「4次元宇宙シアター」を組み合わせたイベント。参加は小学生以上を対象に、45名を先着順に受け付ける。
証拠はウソをつかない…みなとみらいで「科学捜査」を体験1/17-2/12

証拠はウソをつかない…みなとみらいで「科学捜査」を体験1/17-2/12

 三菱みなとみらい技術館は2018年1月17日~2月12日、企画展「科学捜査の秘密2 ―証拠はウソをつかない―」を開催する。週替わりで4つの事件の捜査を体験できるコーナーのほか、週末にはワークショップも行われる。
なぜなに?かがく実験教室、プラスチックを区別しよう1/20

なぜなに?かがく実験教室、プラスチックを区別しよう1/20

 化学の学会と産業界が組織する「夢・化学-21」委員会は、小学1~4年生までを対象とした、2018年1月20日開催の「なぜなに?かがく実験教室」の応募を受け付けている。会場は科学技術館で、参加費は無料。応募締切は12月20日。
自然の不思議を発見しよう…筑波大「科学の芽」賞、8/20-9/30応募
自然の不思議を発見しよう…筑波大「科学の芽」賞、8/20-9/30応募

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR