イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

自然の不思議を発見しよう…筑波大「科学の芽」賞、8/20-9/30応募

 筑波大学は、小中高生を対象に、自然や科学への関心を育てることを目的としたコンクールを実施する。第12回「科学の芽」賞の応募期間は8月20日から9月30日。自然現象からの発見を、全国より募集する。

 「科学の芽」賞は、筑波大学の前身の東京教育大学の学長を務めるなど、同大学にゆかりのあるノーベル物理学賞受賞者、朝永振一郎博士を記念して創設された。賞の名称は、朝永博士が子どもに向けて色紙に書いた言葉から引用している。

 応募作品には、自然現象の不思議を発見し、観察や実験をして考えたことを、レポート用紙A4判10枚以内(表紙含まず)にまとめる。素直な疑問や発見があり、科学への思いが伝わってくるような作品を募集するという。

 応募資格は全国の小学校3学年から、中学校、高等学校(高等専門学校3年次までを含む)、中等教育学校、特別支援学校の個人もしくは団体。「小学生部門」、「中学生部門」、「高校生部門」に分けて公募する。

 募集期間は8月20日~9月30日(消印有効)。応募の際は、筑波大学Webサイトより応募用紙を出力し、必要事項を記入して、応募作品と一緒に送付する。

 受賞者には、筑波大学長から表彰状および記念品が贈られる。表彰式と発表会は12月23日、茨城県つくば市の筑波大学大学会館にて行われる予定。

◆第12回「科学の芽」賞 応募要領
応募期間:2017年8月20日(日)~9月30日(土)※消印有効
応募資格:全国の小学校3学年~、中学校、高等学校(高等専門学校3年次までを含む)、中等教育学校、特別支援学校の個人もしくは団体。
応募方法:第12回「科学の芽」賞の応募用紙に必要事項を記入のうえ、応募作品と一緒に提出する。
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

【夏休み2017】外務省の職場見学、子ども霞が関見学デー8/2・3

【夏休み2017】外務省の職場見学、子ども霞が関見学デー8/2・3

 外務省は8月2日と3日、「子ども霞が関見学デー」を開催する。対象は、小学生から中学生。業務説明や職場見学などを行い、子どもたちが広く社会を知る体験活動の機会を設ける。一部プログラムは事前申込みが必要。
【夏休み2017】親子で学ぶ授業やワークショップ、朝小サマースクール8/5

【夏休み2017】親子で学ぶ授業やワークショップ、朝小サマースクール8/5

 朝日学生新聞社は8月5日、「朝小サマースクール in 昭和女子大学2017」を開催する。さかなクンによるスペシャルステージや、テレビ番組でも活躍する河合敦先生の日本史授業、ロボット製作ワークショップなどが行われる。入場無料。
【夏休み2017】青学理工学部の研究室を公開、こどもサイエンス教室8/2

【夏休み2017】青学理工学部の研究室を公開、こどもサイエンス教室8/2

 青山学院大学は、小学4~6年生を対象にしたイベント「夏休みこどもサイエンス教室~理工学部の研究室に行ってみよう!~」を、8月2日に開催する。理工学部の研究室を公開し、サイエンス教室やキャンパスツアーを実施。参加無料。7月10日より申込み受付を開始する。
【夏休み2017】IT×ものづくり、LILALICOワンダーのサマーラボ

【夏休み2017】IT×ものづくり、LILALICOワンダーのサマーラボ

 最新のデジタルツールを活用してものづくりを学べる専門塾「LITALICOワンダー」は7月17日から8月31日まで、夏の特別講習「サマーラボ2017」を開催する。プログラミングやロボット製作などを通して、子どもの職業観や興味関心を拡げる。
【夏休み2017】英語で過ごす探究型授業、神石サマースクール…広島

【夏休み2017】英語で過ごす探究型授業、神石サマースクール…広島

 教育に関する調査やプログラム開発を行うNEEDは7月30日から8月9日の期間中、神石高原ホテルにてサマースクールを開校する。対象は、小学1年生から6年生。前期、後期、通期の3期で開催され、各期40名を募集。費用は、前後期各22万円、通期40万円(いずれも税別)。
自然の不思議を発見しよう…筑波大「科学の芽」賞、8/20-9/30応募
自然の不思議を発見しよう…筑波大「科学の芽」賞、8/20-9/30応募

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR