イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加募集を開始(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4月25日、日本の情報セキュリティを牽引する若手人材(22歳以下の学生・生徒)を対象とした「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加者募集を同日より開始したと発表した。5月29日まで募集を受け付ける。同大会は今回で14回目となり、これまでに581名が修了している。

今回は、昨年初めて実施した「集中講義」を進化させ、“特定のテーマにどっぷりつかる”ことを目的に「集中コース」を新設する。このコースには「言語やOSを自作しよう」「セキュアなCPUを自作しよう」「Linux 向けマルウェア対策ソフトウェアを作ろう」の3種類の講義を用意。全日程(延べ28時間)でひとつのテーマだけに取り組む。

昨年と同様の、主に1コマ4時間程度の講義は全30種類を用意(「選択コース」)。「選択コース」の参加者は1コマごとに希望の講義を選択し、自由に受講プランを組み立てることが可能となる。参加希望者は「選択コース」か「集中コース」を選び、応募する必要がある。応募資格は、日本国内に居住する、22歳以下の学生・生徒(2018年3月31日時点の年齢)で、選択コース 50名、集中コース 30名程度を募集する。応募はWebフォームより行うが、応募課題も用意される。
提供元:ScanNetSecurity

関連するイベントニュース

「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」の参加募集を開始(IPA)

IPAは、日本の情報セキュリティを牽引する若手人材(22歳以下の学生・生徒)を対象とした「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」の参加者募集を4月24日より開始する。
Scan勉強会「CTF開催の秘訣~人材育成や採用へのCTF活用について」開催(イード)

Scan勉強会「CTF開催の秘訣~人材育成や採用へのCTF活用について」開催(イード)

ScanNetSecurityは、Scan勉強会#04「CTF開催の秘訣~人材育成や採用へのCTF活用について」を3月20日に開催する。
ネットワーク、エンドポイント双方で共有、利用できる脅威インテリジェンスがカギ(パロアルトネットワークス)[Security Days Spring 2018]

ネットワーク、エンドポイント双方で共有、利用できる脅威インテリジェンスがカギ(パロアルトネットワークス)[Security Days Spring 2018]

福岡を皮切りに名古屋、大阪、そして3月7日からの3日間、東京で開催される「Security Days Spring」は、国内外のセキュリティベンダーによるセミナー中心のイベントで、多くの企業や専門家が最新知見の講演を行う。

「Security Days Spring 2018」を大阪・東京で開催、概要を発表(ナノオプト・メディア)

ナノオプト・メディアは、3月2日(金)に大阪、3月7日(水)~3月9日(金)に東京で、「Security Days Spring 2018」を開催する。
大手Webサービスや出会い系サイト等「預け先」から流出・漂流する企業アカウント30億件調査

大手Webサービスや出会い系サイト等「預け先」から流出・漂流する企業アカウント30億件調査

入口対策、出口対策、内部対策、事後対策とセキュリティ防御のベクトルも時代とともに変遷してきた。攻撃側が進化を続ける限り、防御側の進化・変化も終わりはない。2018年、新たに考えたいのは「外部対策」だ。
「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加募集を開始(IPA)

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR