イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加募集を開始(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4月25日、日本の情報セキュリティを牽引する若手人材(22歳以下の学生・生徒)を対象とした「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加者募集を同日より開始したと発表した。5月29日まで募集を受け付ける。同大会は今回で14回目となり、これまでに581名が修了している。

今回は、昨年初めて実施した「集中講義」を進化させ、“特定のテーマにどっぷりつかる”ことを目的に「集中コース」を新設する。このコースには「言語やOSを自作しよう」「セキュアなCPUを自作しよう」「Linux 向けマルウェア対策ソフトウェアを作ろう」の3種類の講義を用意。全日程(延べ28時間)でひとつのテーマだけに取り組む。

昨年と同様の、主に1コマ4時間程度の講義は全30種類を用意(「選択コース」)。「選択コース」の参加者は1コマごとに希望の講義を選択し、自由に受講プランを組み立てることが可能となる。参加希望者は「選択コース」か「集中コース」を選び、応募する必要がある。応募資格は、日本国内に居住する、22歳以下の学生・生徒(2018年3月31日時点の年齢)で、選択コース 50名、集中コース 30名程度を募集する。応募はWebフォームより行うが、応募課題も用意される。
提供元:ScanNetSecurity

関連するイベントニュース

サイバー犯罪捜査に正しい知識と技術を - 静岡のITベンチャー

サイバー犯罪捜査に正しい知識と技術を - 静岡のITベンチャー

静岡県の IT ベンチャー企業である株式会社 Geolocation Technology は、静岡県警サイバー犯罪対策課の若手捜査官を対象に、IPアドレスを使いネット犯罪の犯人特定などを行う技術研修プログラムを 7 月 20 日から 2 日間にわたって同県内で実施した。
あのランサムウェアはいくら儲かったのか? Locky が 780 万ドル、WannaCry は?

あのランサムウェアはいくら儲かったのか? Locky が 780 万ドル、WannaCry は?

国内でも紙面を賑わしている身代金を要求するランサムウェアであるが、その要求金額はさまざまである。
「CODE BLUE 2017」は11月、一般向けおよび女性向けCTF国際大会を初開催(CODE BLUE事務局)

「CODE BLUE 2017」は11月、一般向けおよび女性向けCTF国際大会を初開催(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、世界トップクラスの情報セキュリティに特化した日本発の国際会議「CODE BLUE」を2017年11月7日から10日の4日間、東京・ベルサール新宿グランドにて開催すると発表した。
アジア最大規模の国際セキュリティカンファレンス ISEC 2017、韓国ソウルで9月開催

アジア最大規模の国際セキュリティカンファレンス ISEC 2017、韓国ソウルで9月開催

今年のISEC2017は、‘グローバル(Global)’というキーワードがさらに注目されそうである。ISECの共同主管機関である世界最大の情報保護専門家団体(ISC)²のメンバーとして活動している世界的なセキュリティ専門家たちが多数参加する予定である。

設立10周年を迎え、初の一般公開イベントを8月23日から25日に東京で開催(NCA)

NCAは、同協議会が設立10周年を迎えることから、初の一般公開イベント「NCA 10th Anniversary Conference『絆』~CSIRTの襷をつなげ~」を開催すると発表した。
「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加募集を開始(IPA)

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR