イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加募集を開始(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4月25日、日本の情報セキュリティを牽引する若手人材(22歳以下の学生・生徒)を対象とした「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加者募集を同日より開始したと発表した。5月29日まで募集を受け付ける。同大会は今回で14回目となり、これまでに581名が修了している。

今回は、昨年初めて実施した「集中講義」を進化させ、“特定のテーマにどっぷりつかる”ことを目的に「集中コース」を新設する。このコースには「言語やOSを自作しよう」「セキュアなCPUを自作しよう」「Linux 向けマルウェア対策ソフトウェアを作ろう」の3種類の講義を用意。全日程(延べ28時間)でひとつのテーマだけに取り組む。

昨年と同様の、主に1コマ4時間程度の講義は全30種類を用意(「選択コース」)。「選択コース」の参加者は1コマごとに希望の講義を選択し、自由に受講プランを組み立てることが可能となる。参加希望者は「選択コース」か「集中コース」を選び、応募する必要がある。応募資格は、日本国内に居住する、22歳以下の学生・生徒(2018年3月31日時点の年齢)で、選択コース 50名、集中コース 30名程度を募集する。応募はWebフォームより行うが、応募課題も用意される。
提供元:ScanNetSecurity

関連するイベントニュース

世界のサイバー攻撃者をOMOTENASHIしないためには

世界のサイバー攻撃者をOMOTENASHIしないためには

サイバー攻撃はよりボーダーレスに、グローバルに展開されています。このような攻撃に対応できる組織になるためにはどうするか。 組織の機能役割を解説し、成熟度の観点や共有情報の活用方針について考えます。
ラグビー山田選手がJSOCの一日センター長に、情報モラルの親子勉強会も(ラック)

ラグビー山田選手がJSOCの一日センター長に、情報モラルの親子勉強会も(ラック)

ラックは、「ラグビー日本代表 山田章仁選手 セキュリティ監視センター 一日センター長就任~親子で学ぶ情報モラル~」と題するイベントを開催した。

「CODE BLUE 2017」Day0 サイバー犯罪対策特別トラックの全プログラムを公開(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、日本発の国際会議「CODE BLUE」において、Day0として11月8日に開催予定のサイバー犯罪対策特別トラックの全プログラムを公開した。

イスラエル発のコミュニティイベント「Cybertech Tokyo 2017」を開催(Cybertech Tokyo実行委員会)

ナノオプト・メディアが運営するCybertech Tokyo実行委員会は、イスラエル発の国際的コミュニティイベントの日本版「Cybertech Tokyo 2017」を11月30日に開催する。

専門学校生を対象とした脆弱性調査のセキュリティコンテストを開催(MBSD)

MBSDは、専門学校・高等専門学校生を対象としたセキュリティコンテスト「MBSD Cybersecurity Challenges 2017」を開催する。
「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加募集を開始(IPA)

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR