イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

マレーシアサッカー協会「毒を盛られる可能性がある」…アジアカップ「北朝鮮VSマレーシア」は平壌で開催決定

アジアサッカー連盟(AFC)が2019年アジアカップ最終予選の北朝鮮対マレーシアの開催地を当初の予定どおり、平壌に決めた。

5月11日、マレーシアサッカー協会(FAM)のトゥンク・イスマイル・スルタン・イブラヒム会長はこの試合が開催されれば「自国の選手が毒を盛られる可能性がある」(BBC Sports)と警鐘を鳴らし、選手の安全のために「試合を中立地で開催」することを要求している。

マレーシアでは今年2月、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が猛毒を塗られ殺害され、両国間の外交問題が悪化。試合は当初、3月末に平壌で行われる予定だったが、マレーシア側が第三国での開催を要請し、延期されていた。

しかしながら、AFCは先日、マレーシア政府が渡航制限を緩和したことを受けて試合を平壌で6月8日に行うことを決定。FAMが不服を申し立てている状況にある。

イブラヒム会長はFAMの公式フェイスブックページで以下のように発言している。

「選手らの平壌行きを認めることは難しい」

「現地の宿泊施設と提供される食事に関しても、安全の確保がとても心配だ。妨害工作の可能性を考慮し、自ら食べ物を持ち込む必要がある」

「また、大きな懸念材料にレフェリーの問題もある。北朝鮮にとって不利な判定があった場合、試合を担当したマッチオフィシャルの身の安全に影響があるかもしれず、そのことで彼らがプレッシャーにさらされることは確実だろう」

最終予選となる北朝鮮戦でプレーすることを拒否した場合、マレーシアは0-3での敗戦として扱われ、5万ドル(約560万円)の罰金が求められる。さらには今後のAFCが主催する試合への参加資格を剥奪される可能性までイブラヒム会長は危惧している。

提供元:CycleStyle

関連するイベントニュース

全日本フェンシング選手権大会、世界初のLED演出で親しみやすく変化

全日本フェンシング選手権大会、世界初のLED演出で親しみやすく変化

東京・駒沢オリンピック総合運動場体育館で12月7日(木)~10日(日)に開催された「第70回全日本フェンシング選手権大会」にて、世界初のLED演出が行われた。
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K‘FESTA.1~」対戦カード第一弾発表

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K‘FESTA.1~」対戦カード第一弾発表

K-1実行委員会は、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで2018年3月21日(水)に開催する「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K‘FESTA.1~(ケイズ・フェスタ・ワン)」の対戦カード第一弾を発表した。
香取慎吾「最近全然踊らなくなった」ゆるスポーツに興味津々…HEROs AWARD 2017

香取慎吾「最近全然踊らなくなった」ゆるスポーツに興味津々…HEROs AWARD 2017

アスリートが競技場の外でも社会とつながり、社会の助けとなる活動を行うスポーツマンシップをたたえる「HEROs AWARD 2017」プロジェクトの表彰式が12月11日に東京都内で行われ、元プロサッカー選手の宮本恒靖さんら4人と2団体が受賞した。
浅田真央、綾小路翔がホノルルマラソン完走

浅田真央、綾小路翔がホノルルマラソン完走

「JALホノルルマラソン2017」が現地時間12月10日(日)午前5時から行われ、マラソン、10Kラン&ウォーク合わせて3万名を超えるランナー&ウォーカーが一斉にスタートした。
東洋大、若手チームで箱根駅伝に挑む「必ずこの中からヒーローが出る」

東洋大、若手チームで箱根駅伝に挑む「必ずこの中からヒーローが出る」

東洋大学は12月11日、同大白山キャンパス(東京都文京区)で陸上競技部長距離部門の第94回箱根駅伝に向けた壮行会を開催した。
マレーシアサッカー協会「毒を盛られる可能性がある」…アジアカップ「北朝鮮VSマレーシア」は平壌で開催決定

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR