イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

「エアウィーヴ」が浅田真央をブランドアンバサダーに採用した理由…社長の情熱と人の縁

「エアウィーヴ」の高岡本州(もとくに)社長が、6月19日に都内で開催された「エアウィーヴ発売10周年記念パーティー」で浅田真央さんをブランドアンバサダーに採用した背景を語った。

浅田さんは2009年よりマットレスパッド「エアウィーヴ」を使用しており、2011年からはブランドアンバサダーを務めている。

この日は花柄の着物姿で登壇し、同製品の発売10周年を祝福した。「移動のときも手放したくない存在だった」とエアウィーヴに対する思いを明かしていた。

浅田さんが2009年より「エアウィーヴ」を利用した背景には、「人の縁」があった、と高岡社長は語る。2010年に開催されたバンクーバー五輪で日本代表スキーチームのスポーツトレーナーを務めた、梅本稔(みのる)さんに「スキーチームの選手にエアウィーヴ製品を使用してもらうよう営業したこと」がきっかけだった。

梅本さんはエアウィーヴ製品の質と、高岡社長の熱意にほだされ、日本代表チームの他競技選手にも同製品を勧めた。その流れの中で浅田さんもこの製品を手に取った。

この時の感覚を、浅田さんは「(当時)腰がよくなかったんですが、(エアウィーヴ製品を利用して)寝てみたときに、体と腰が楽になった。これから私に欠かせないものになるだろうと感じた」と振り返った。

バンクーバー五輪が終了してもなお、浅田さんが引き続きエアウィーヴ製品を愛用しているとの情報を聞きつけた高岡社長は、2011年に直接本人の元へ。そこから話は進み、浅田さんはブランドアンバサダーへと就任した。

「『(製品を)嫌なら嫌だ』と言うような、そういう方々に利用してもらわなくては意味がない。浅田さんはまさにそういう選手だと思った。当時『エアウィーヴ』はまったく無名だったが、ご縁があってアンバサダーになっていただいた」(高岡社長)

明日6月20日より全国で「夏の快眠」と「腰への負担軽減」をテーマにした新CMが放送されるが、これで浅田さんは8本目の「エアウィーヴ」CMへの出演となる。
提供元:CycleStyle

関連するイベントニュース

錦織圭、東京五輪への抱負を語る「ホームカントリーは大きなアドバンテージ」

錦織圭、東京五輪への抱負を語る「ホームカントリーは大きなアドバンテージ」

7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。
「恥ずかしいの一言です」錦織圭が記者会見で「にしこリクシル!」

「恥ずかしいの一言です」錦織圭が記者会見で「にしこリクシル!」

7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。
長友佑都が「バンビーノ」発言で子作り示唆…「子どもができても人生ブレないように」

長友佑都が「バンビーノ」発言で子作り示唆…「子どもができても人生ブレないように」

MTGは、水のチカラで体幹を刺激するトレーニングギア「TAIKAN STREAM」の発表会を6月20日に都内で開催した。
19歳の男子モーグル堀島行真、「周りの友達を羨ましく思うことはあるか」という質問に…?

19歳の男子モーグル堀島行真、「周りの友達を羨ましく思うことはあるか」という質問に…?

『平成28年度JOCスポーツ賞表彰式』が、6月9日に東京国際フォーラムで開催された。フリースタイルスキーの世界選手権で2冠を達成した男子モーグルの堀島行真選手らが、『優秀賞』に輝いた。
小平奈緒「24時間スケートのことを考えている」…休むことも、友達と話すことも、突き詰めればスケートに繋がっている

小平奈緒「24時間スケートのことを考えている」…休むことも、友達と話すことも、突き詰めればスケートに繋がっている

『平成28年度JOCスポーツ賞表彰式』が、6月9日に東京国際フォーラムで開催された。スピードスケートの小平奈緒選手らが『優秀賞』を獲得した。
「エアウィーヴ」が浅田真央をブランドアンバサダーに採用した理由…社長の情熱と人の縁
「エアウィーヴ」が浅田真央をブランドアンバサダーに採用した理由…社長の情熱と人の縁
「エアウィーヴ」が浅田真央をブランドアンバサダーに採用した理由…社長の情熱と人の縁
「エアウィーヴ」が浅田真央をブランドアンバサダーに採用した理由…社長の情熱と人の縁

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR