イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

宇宙開発の歴史を感じよう、勝浦宇宙通信所一般公開9/9

 9月12日は「宇宙の日」。勝浦宇宙通信所は「宇宙の日」にあわせ、9月9日に施設一般公開を開催する。人気の宇宙服試着体験をはじめ、クイズラリーや3D体験など、通常の見学では体験できないイベントを実施予定。事前申込みは不要。

 「宇宙の日」は、1992年に毛利衛宇宙飛行士がスペースシャトルで初めて宇宙へ飛び立った日である9月12日にちなんで定めた記念日。「宇宙の日」を含む約1か月間は「『宇宙の日』ふれあい月間」とし、イベントやコンテストのほか、宇宙航空研究開発機構などが各事業所施設を一般公開するなど、さまざまな取組みが開催される。

 勝浦宇宙通信所は1968年2月、科学技術庁宇宙開発推進本部の「勝浦電波追跡所」として千葉県勝浦市に発足。おもな業務は、人工衛星の追跡と管制で、状況に応じて衛星に対するコマンド(指令)電波を送信し、衛星を維持管理する役割を果たす。

 「宇宙の日」にあわせた2017年の施設一般公開では、「見て!触れて!!宇宙開発の歴史を感じよう!!!」をテーマに、宇宙開発の歴史に関するクイズラリーや、人工衛星の観測写真の3D画像体験、宇宙服試着体験など、通常の見学では体験できない多くのイベントを実施する。

 イベントコーナーはいずれも事前申込みは不要。ただし、イベントにより、時間および人数制限を設ける場合もある。

◆勝浦宇宙通信所「施設一般公開」
日時:2017年9月9日(土)10:00~16:00
会場:勝浦宇宙通信所(千葉県勝浦市芳賀花立山1-14)
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

4/16-22「科学技術週間」つくばエリアで研究機関一般公開

4/16-22「科学技術週間」つくばエリアで研究機関一般公開

 4月18日の「発明の日」を含む1週間は「科学技術週間」。2018年も、全国の科学館や大学、試験研究所などが関連行事を実施している。科学の街つくばでは、筑波研究学園都市に位置する研究機関が一般公開などを実施予定だ。
【GW2018】TEPIA先端技術館、プログラミング無料体験やものづくり教室

【GW2018】TEPIA先端技術館、プログラミング無料体験やものづくり教室

 TEPIA先端技術館が、2018年ゴールデンウイークイベントを開催する。イベント限定で特別なプログラミング操作体験ができるほか、日替わりでロボットプログラミング教室、3Dプリンタ教室なども実施。操作体験は参加無料。教室への参加は一部有料で、事前申込制。
「Gifte!」親子体験、4-6月は金融・将棋・プログラミングなど

「Gifte!」親子体験、4-6月は金融・将棋・プログラミングなど

 みらいスクールが運営する親子体験プラットフォーム「Gifte!(ギフテ)」は2018年4月~6月、お金体験や将棋体験、プログラミング体験、キッズアナウンサー体験を開催する。同じジャンルの体験でも参加学年を細かく設定し、より学びを深める内容となっている。
不思議なコップを作ろう「なぜなに?かがく実験教室」5/26

不思議なコップを作ろう「なぜなに?かがく実験教室」5/26

 「夢・化学-21」は2018年5月26日、小学1年生から4年生を対象とした「なぜなに?かがく実験教室」を科学技術館で開催する。参加費は無料。応募はWebサイトより、4月24日まで受け付けている。応募多数の場合は抽選。
【GW2018】ICU、小4-中3対象「ジュニアキャンパス・キャンプ」4/28・5/5

【GW2018】ICU、小4-中3対象「ジュニアキャンパス・キャンプ」4/28・5/5

 国際基督教大学(ICU)は、小学4年生から中学3年生を対象とした小中学生向け生涯学習プログラム・ICU ジュニアキャンパス・キャンプ「GW Dayキャンプ2018」を開催する。開催日は2018年4月28日と5月5日の2日。4月10日午前10時までWebサイトにて申込みを受け付けている。
宇宙開発の歴史を感じよう、勝浦宇宙通信所一般公開9/9
宇宙開発の歴史を感じよう、勝浦宇宙通信所一般公開9/9
宇宙開発の歴史を感じよう、勝浦宇宙通信所一般公開9/9

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR