イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

ルノー・ジャポン、RSジャンボリーの休止を発表

ルノー・ジャポンは、毎年11月に富士スピードウェイで開催しているオーナーイベント「ルノー・スポール ジャンボリー」の休止を発表した。

ルノー・スポール ジャンボリーは、2008年からオートカージャパンが主催するヒストリックカーイベント「オートカージャパンフェスティバル」の併催イベントとして開催。昨年も400台以上のルノー車がサーキットに集結。パレード走行や「メガーヌR.S.トロフィーR」によるタイムアタック、各種ステージイベントなどで大いに盛り上がった。

今回の休止決定は、主イベントの「オートカージャパンフェスティバル」が開催されないこととなったことによるもの。ルノー・ジャポンでは、来年以降のルノー・スポール ジャンボリー開催については未定だが、再開に向け検討を進めていく。また、中止のお詫びとして、10月に開催される東京モーターショーの「特別招待日入場券」のプレゼント企画を検討している。
提供元:Response

関連するイベントニュース

内外の名車・旧車700台が大集結---お台場旧車天国2017開催

内外の名車・旧車700台が大集結---お台場旧車天国2017開催

11月19日、東京都江東区のお台場特設会場で旧車の総合イベント「お台場旧車天国2017」が開催され、約700台のクラシックカーやクラシックバイクが大集結した。
どんな車が来るかな? オーテック・オーナーズ・ミーティングが始まりました!!

どんな車が来るかな? オーテック・オーナーズ・ミーティングが始まりました!!

オーテックジャパン主催「AOG湘南里帰りミーティング」が11月18日、大磯ロングビーチ駐車場で開催。8時の入場開始時間にはすでに多数の参加車が集まり、ミニバンからチューニングカーまで様々なクルマたちが会場へ入っていった。
審査員は女性だけ、ベストパフォーマンスカー賞はホンダ シビックタイプR 新型に

審査員は女性だけ、ベストパフォーマンスカー賞はホンダ シビックタイプR 新型に

ホンダの欧州法人、ホンダモーターヨーロッパは11月15日、新型『シビックタイプR』が「ウィメンズ・ワールドカーオブザイヤー2017」において、ベストパフォーマンスカー賞に選出された、と発表した。
日本自動車殿堂、今年の殿堂殿堂入りは 宮川秀之 氏ら4名---イタリアのカロッツェリアを日本に紹介など

日本自動車殿堂、今年の殿堂殿堂入りは 宮川秀之 氏ら4名---イタリアのカロッツェリアを日本に紹介など

日本自動車殿堂に、イタリアのカロッツェリアを日本に紹介した宮川秀之氏、自動車史考証を先導した高島鎮雄氏、ディーゼルエンジンのハイブリッド化等に尽力した鈴木孝幸氏、日本のレストア活動をけん引した木村治夫氏ら4人が殿堂入りを果たした。
歴史遺産車はダイハツツバサ号、ランクル40、スカイライン、スバル1000---日本自動車殿堂

歴史遺産車はダイハツツバサ号、ランクル40、スカイライン、スバル1000---日本自動車殿堂

日本自動車殿堂の歴史遺産車にダイハツ『ツバサ号三輪トラック』、トヨタ『ランドクルーザー40系』、プリンス『スカイラインGT』、スバル『1000』の4台が選ばれた。
ルノー・ジャポン、RSジャンボリーの休止を発表
ルノー・ジャポン、RSジャンボリーの休止を発表

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR