イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

フェラーリ 812、風洞実験モデルがオークションに…落札予想価格は実車に匹敵

自動車メーカーが新型車の開発テストにおいて、ほぼ必ず行うのが風洞実験。イタリアのスーパーカー、フェラーリが、この風洞実験に使用したクレイモデルを、チャリティオークションに出品する。

このオークションは9月9日、イタリアで開催される「Leggenda e Passione」オークションに出品されるもの。フェラーリのFR駆動車の最高峰モデル、『812スーパーファスト』の風洞実験モデルが、オークションに登場する。

この風洞実験モデルは、実車の2分の1スケール。素材には主にカーボンファイバーを使用しており、フェラーリ社のハンドメイド。812スーパーファストの開発のいくつかの段階において、風洞実験に用いられたという。

なお、オークションを運営するRMサザビーズによると、予想落札価格は最大で32万ユーロ(約4160万円)。エンジン無し、走行不可の風洞実験モデルだが、812スーパーファストの新車価格に匹敵する落札予想価格は、希少性の表れといえそうだ。
提供元:Response

関連するイベントニュース

内外の名車・旧車700台が大集結---お台場旧車天国2017開催

内外の名車・旧車700台が大集結---お台場旧車天国2017開催

11月19日、東京都江東区のお台場特設会場で旧車の総合イベント「お台場旧車天国2017」が開催され、約700台のクラシックカーやクラシックバイクが大集結した。
どんな車が来るかな? オーテック・オーナーズ・ミーティングが始まりました!!

どんな車が来るかな? オーテック・オーナーズ・ミーティングが始まりました!!

オーテックジャパン主催「AOG湘南里帰りミーティング」が11月18日、大磯ロングビーチ駐車場で開催。8時の入場開始時間にはすでに多数の参加車が集まり、ミニバンからチューニングカーまで様々なクルマたちが会場へ入っていった。
審査員は女性だけ、ベストパフォーマンスカー賞はホンダ シビックタイプR 新型に

審査員は女性だけ、ベストパフォーマンスカー賞はホンダ シビックタイプR 新型に

ホンダの欧州法人、ホンダモーターヨーロッパは11月15日、新型『シビックタイプR』が「ウィメンズ・ワールドカーオブザイヤー2017」において、ベストパフォーマンスカー賞に選出された、と発表した。
日本自動車殿堂、今年の殿堂殿堂入りは 宮川秀之 氏ら4名---イタリアのカロッツェリアを日本に紹介など

日本自動車殿堂、今年の殿堂殿堂入りは 宮川秀之 氏ら4名---イタリアのカロッツェリアを日本に紹介など

日本自動車殿堂に、イタリアのカロッツェリアを日本に紹介した宮川秀之氏、自動車史考証を先導した高島鎮雄氏、ディーゼルエンジンのハイブリッド化等に尽力した鈴木孝幸氏、日本のレストア活動をけん引した木村治夫氏ら4人が殿堂入りを果たした。
歴史遺産車はダイハツツバサ号、ランクル40、スカイライン、スバル1000---日本自動車殿堂

歴史遺産車はダイハツツバサ号、ランクル40、スカイライン、スバル1000---日本自動車殿堂

日本自動車殿堂の歴史遺産車にダイハツ『ツバサ号三輪トラック』、トヨタ『ランドクルーザー40系』、プリンス『スカイラインGT』、スバル『1000』の4台が選ばれた。
フェラーリ 812、風洞実験モデルがオークションに…落札予想価格は実車に匹敵

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR