イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

最後のラ・フェラーリ アペルタ、830万ユーロで落札…新車価格の2倍以上

フェラーリは9月10日、イタリアで9月9日に開催されたチャリティオークションにおいて、1台のみを追加生産した『ラ・フェラーリ・アペルタ』が830万ユーロ(約10億7700万円)で落札された、と発表した。

フェラーリは創立70周年を記念し、慈善団体の「セーブ・ザ・チルドレン」の活動を支援する目的で、ラ・フェラーリ・アペルタを1台のみ追加生産。同車は、フェラーリの最高峰モデルで、フェラーリ初の市販ハイブリッド車、『ラ・フェラーリ』のオープン版。ルーフは、重量増による運動性能への影響を抑えるため、ソフトトップ採用する。

パワートレインはクーペボディと同じ。6262cc V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最大出力800psを発生。これにフェラーリのハイブリッドシステム、「HY-KERS」から、モーターの最大出力163psが加わり、システム全体で963psの圧倒的パワーを獲得する。トランスミッションは、7速デュアルクラッチ。動力性能は0~100km/h加速3秒以下、最高速350km/h以上と、世界屈指。

フェラーリは今回のオークションのために、生産210台目となるラ・フェラーリ・アペルタのボンネットとリアに、メタリックのダブルレーシングストライプを配した特別な装飾を実施。インテリアは黒いアルカンターラと光沢のある黒いカーボンファイバーの組み合わせで、赤いレザーのシートには、赤いステッチが入る。

このラ・フェラーリ・アペルタが9月9日、RMサザビーズがイタリアで開催したオークション、「Leggenda e Passione」に出品。830万ユーロ(約10億7700万円)の高値で落札された。ラ・フェラーリ アペルタは生産予定の209台がすでに完売しており、新車で購入できる最後の1台に、コレクター間の争奪戦が通常以上にヒートアップしたもよう。なお、同車の2016年発表当時の価格は、およそ350万ユーロ(約4億5000万円)と伝えられており、オークションでは2倍以上の値が付いたことになる。
提供元:Response

関連するイベントニュース

【ダカール2018】南米10回目となる通算第40回大会がスタート…初日トップはトヨタのアルアティア

【ダカール2018】南米10回目となる通算第40回大会がスタート…初日トップはトヨタのアルアティア

年頭のモータースポーツシーンを彩る「ダカール ラリー」が今年も始まった。第40回大会は南米のペルー、ボリビア、アルゼンチンを舞台に、現地1月6~20日に競技が実施される。初日の四輪部門首位にはトヨタ・ハイラックスを駆るナッサー・アルアティアが立った。
はとバス、一足早い成人式に22人のガイドが参加…2020年に向け気持も新たに

はとバス、一足早い成人式に22人のガイドが参加…2020年に向け気持も新たに

はとバスは1月5日、バスガイドおよび整備職社員23名の成人式をひと足早く実施した。
【初めてのマイカー】結局最初から「旅グルマ」ばかり…中込健太郎

【初めてのマイカー】結局最初から「旅グルマ」ばかり…中込健太郎

初めてのマイカーのこと、今でも時々懐かしくて思い出すことがある。
【初めてのマイカー】ツインキャブのホットハッチ、スバル レオーネ スイングバック1600SRX…嶽宮三郎

【初めてのマイカー】ツインキャブのホットハッチ、スバル レオーネ スイングバック1600SRX…嶽宮三郎

遅ればせながら20代後半で運転免許を取り、さあ何に乗るか! と探したのは、スバル『レオーネ』エステートバン4WDだった。趣味がアウトドアということで、どんなところへも行ける車が欲しかったからだ。
スーパーフォーミュラのデモレース開催予定、鈴鹿ファン感謝デーで

スーパーフォーミュラのデモレース開催予定、鈴鹿ファン感謝デーで

鈴鹿サーキットは、2018年3月10日・11日に開催する「2018モータースポーツファン感謝デー」にて、2018年全日本スーパーフォーミュラ選手権の開幕戦に参戦するドライバーによるデモレース「スーパーフォーミュラ オープニングラップ」を行うと発表した。
最後のラ・フェラーリ アペルタ、830万ユーロで落札…新車価格の2倍以上
最後のラ・フェラーリ アペルタ、830万ユーロで落札…新車価格の2倍以上
最後のラ・フェラーリ アペルタ、830万ユーロで落札…新車価格の2倍以上
最後のラ・フェラーリ アペルタ、830万ユーロで落札…新車価格の2倍以上

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR