イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

ブガッティ シロンが41秒96の世界新記録…0-400-0km/h、加速し急停止

ブガッティは9月11日、『シロン』が0~400km/hまで加速して停止するというテスト走行を行った結果、41秒96の世界新記録を樹立した、と発表した。

シロンは、『ヴェイロン』の後継車として、2016年春にデビュー。ヴェイロン同様、世界で最もパワフル、最速、最もラグジュアリーかつエクスクルーシブな量産スーパーカーを目指して、開発された。

ミッドシップに搭載される新開発の8.0リットルW16気筒+4ターボは、2ステージターボ化され、最大出力1500hp/6700rpm、最大トルク163kgm/2000-6000rpmを引き出す。ヴェイロンの最大出力1200hp、最大トルク153kgmに対して、300hp、10kgm強化された。

トランスミッションは7速デュアルクラッチ「DSG」。駆動方式は4WD。シロンは、0~100km/h加速2.5秒、最高速420km/h(リミッター作動)という世界最高峰のパフォーマンスを実現する。

今回、ブガッティはこのシロンをプルーピンググランドに持ち込み、停止状態から400km/hまで一気に加速した後、急制動で再び停止するというテスト走行を実施。ドライバーには、元F1でモナコGP優勝、インディ500を2度、デイトナ24時間を3度制しているファン・パブロ・モントーヤ選手を起用。テストは世界的な検査および認証機関、SGSテュフ Saarの立ち会いの下で行われ、41秒96のタイムが、世界新記録と認定された。

強力なエンジンパワーを確実に路面に伝える技術やブレーキ性能が試されるこのテスト、シロンは3112mの距離で41秒96の世界記録を打ち立てた。ドライバーのモントーヤ選手は、「シロンの加速とブレーキは、本当に信じられないよ」とコメントしている。
提供元:Response

関連するイベントニュース

【ダカール2018】南米10回目となる通算第40回大会がスタート…初日トップはトヨタのアルアティア

【ダカール2018】南米10回目となる通算第40回大会がスタート…初日トップはトヨタのアルアティア

年頭のモータースポーツシーンを彩る「ダカール ラリー」が今年も始まった。第40回大会は南米のペルー、ボリビア、アルゼンチンを舞台に、現地1月6~20日に競技が実施される。初日の四輪部門首位にはトヨタ・ハイラックスを駆るナッサー・アルアティアが立った。
はとバス、一足早い成人式に22人のガイドが参加…2020年に向け気持も新たに

はとバス、一足早い成人式に22人のガイドが参加…2020年に向け気持も新たに

はとバスは1月5日、バスガイドおよび整備職社員23名の成人式をひと足早く実施した。
【初めてのマイカー】結局最初から「旅グルマ」ばかり…中込健太郎

【初めてのマイカー】結局最初から「旅グルマ」ばかり…中込健太郎

初めてのマイカーのこと、今でも時々懐かしくて思い出すことがある。
【初めてのマイカー】ツインキャブのホットハッチ、スバル レオーネ スイングバック1600SRX…嶽宮三郎

【初めてのマイカー】ツインキャブのホットハッチ、スバル レオーネ スイングバック1600SRX…嶽宮三郎

遅ればせながら20代後半で運転免許を取り、さあ何に乗るか! と探したのは、スバル『レオーネ』エステートバン4WDだった。趣味がアウトドアということで、どんなところへも行ける車が欲しかったからだ。
スーパーフォーミュラのデモレース開催予定、鈴鹿ファン感謝デーで

スーパーフォーミュラのデモレース開催予定、鈴鹿ファン感謝デーで

鈴鹿サーキットは、2018年3月10日・11日に開催する「2018モータースポーツファン感謝デー」にて、2018年全日本スーパーフォーミュラ選手権の開幕戦に参戦するドライバーによるデモレース「スーパーフォーミュラ オープニングラップ」を行うと発表した。
ブガッティ シロンが41秒96の世界新記録…0-400-0km/h、加速し急停止
ブガッティ シロンが41秒96の世界新記録…0-400-0km/h、加速し急停止
ブガッティ シロンが41秒96の世界新記録…0-400-0km/h、加速し急停止
ブガッティ シロンが41秒96の世界新記録…0-400-0km/h、加速し急停止
ブガッティ シロンが41秒96の世界新記録…0-400-0km/h、加速し急停止

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR