イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」


【中学受験】開成・武蔵校長が登壇、私学公開座談会12/3

 毎日新聞社主催・日能研協賛の私学公開座談会が2017年12月3日、学習院大学の目白キャンパスにて開催される。第27回の開催となる今回は、開成中学校・高等学校の校長と武蔵高等学校中学校の校長が登壇予定。参加対象は小学生の保護者。

 2015年9月の国連総会において「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択された。今の「持続不可能な世界」を「持続可能な世界」にするための行動計画で、17の目標と169のターゲットから構成される「持続可能な開発目標(SDGs)」を掲げている。毎日小学生新聞ではSDGsに注目し、今後の記事展開を予定。日能研でもSDGsをツールとして使い、私学の活動と入試問題に光をあてた冊子を作成している。

 毎日新聞社が主催する公開座談会は、「世界」で「未来」で活躍する人を育てる私学の教育に焦点をあてた企画。2017年12月3日開催の座談会では、開成中学校・高等学校の柳沢幸雄校長と武蔵高等学校中学校の梶取弘昌校長が登壇し、学び舎で展開される教育実践を中心に議論の話を広げる。私学の教育の一貫性、革新性、その価値や魅力について、あらためて理解を深めてもらいたいという。

 一般の参加希望者は日能研Webサイトから、日能研生は「MY NICHINOKEN」から申し込む。先着順のため、定員に達し次第受付を締め切る。

◆第27回 私学公開座談会「<多様・未知>とつながるチカラを育てる私学の教育」
日時:2017年12月3日(日)14:00~16:15
会場:学習院大学 目白キャンパス 西2号館(最寄り駅はJR山手線「目白駅」)
対象:小学1~6年生の保護者
申込方法:一般は日能研Webサイトから、日能研生は「MY NICHINOKEN」から申し込む
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

変わる大学入試、日能研・河合塾の小学生保護者向け講演会6/3

変わる大学入試、日能研・河合塾の小学生保護者向け講演会6/3

 日能研(東海地区)は2018年6月3日、小学生の保護者を対象とした講演会「変わる大学入試」を開催する。河合塾が「改革が迫る大学入試の今」を伝えるほか、日能研が中学入試の変化などについて講演する。参加費は無料。申込みは日能研Webサイトから。
子育てママも必見「4000万貯める方法」をFP川口幸子が伝授

子育てママも必見「4000万貯める方法」をFP川口幸子が伝授

 家計に合ったライフプランの大切さをわかりやすく説明する。さらに、「子育てに必要な金額は?」「その備えはどうすればよいのか?」など、保護者の時代とは異なる教育費について、最新データをもとに詳説する。
「21世紀型スキル」を育むプログラミング教育の可能性5/15

「21世紀型スキル」を育むプログラミング教育の可能性5/15

 次世代幼児教育研究プロジェクトは2018年5月15日、教育関係者および保護者を対象としたシンポジウム「21世紀型スキルを育むプログラミング教育の可能性」を開催する。参加費は1,200円。
近大附属小の公開講座「子どものために親ができること」4/17

近大附属小の公開講座「子どものために親ができること」4/17

 近畿大学附属小学校は2018年4月17日、平成30年度(2018年度)公開講座「子どものために親ができること」を開催する。公開講座は、教員の知見をもとにした、子育てや教育のヒントになる講演を行う「月刊近小」の4月号として実施される。入場無料。
家族ダイバーシティを考える「よーしの日」イベント4/7

家族ダイバーシティを考える「よーしの日」イベント4/7

 日本財団は2018年4月7日、養子縁組への認知と理解促進を目的に、4月4日の「よーしの日」にちなんだ周知啓発キャンペーンイベント「家族ダイバーシティ」をSHIBUYA 109 EVENT SPACEで開催する。
【中学受験】開成・武蔵校長が登壇、私学公開座談会12/3
【中学受験】開成・武蔵校長が登壇、私学公開座談会12/3

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR