イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

「2060年のモビリティ」デザインチャレンジ、ホンダなど5チームが決勝進出

ロサンゼルスモーターショーの主催団体は11月17日、11月29日に開幕する「オートモビリティLA」で行う「2017デザイン&デベロッパーチャレンジ」の決勝進出5チームを発表した。

オートモビリティLAは、ロサンゼルスモーターショーのコネクテッドカーエキスポとプレス&トレードデーを統合したもの。自動車業界とテクノロジー業界が、新製品や新技術を発表し、輸送の将来を取り巻く喫緊の問題について議論する。

「デザイン&デベロッパーチャレンジ」は、自動車メーカーのデザイナーや開発者向けに行われる世界唯一のコンペ。2017デザイン&デベロッパーチャレンジは、マイクロソフトとオートモビリティLAが共同開催。

コンペの参加者は未来を思考し、2060年の大規模な世界的なスポーツイベント開催に名乗りを上げたロサンゼルス市のために、2060年のモビリティコンセプトを開発するのがテーマ。コンペの参加者は、2060年のロサンゼルス市がレベル5以上の完全自動運転車を導入したと想定し、車両やインフラストラクチャーが、どのように変化すべきかを提案する。

今回、2017デザイン&デベロッパーチャレンジの決勝進出5チームが発表。参加11チームの中から決勝に残ったのは、GKデザインインターナショナル、ホンダアドバンスドデザイン、Launch Forth&アリアンツ、oiio、ZGFアーチテクツの5チーム。

中でも、ホンダアドバンスドデザインは、将来のホンダとアキュラの自動車およびモビリティのデザインコンセプトを提案。ロサンゼルスに本拠を置くTriggerと協力し、複合的な現実体験を考案している。また、GKデザインインターナショナルは、日本のデザイン開発会社GKデザイングループの北米事業所だ。
提供元:Response

関連するイベントニュース

世界初の“操縦コースター”にハマる…鈴鹿サーキットのデュエルジーピー

世界初の“操縦コースター”にハマる…鈴鹿サーキットのデュエルジーピー

鈴鹿サーキットは、同サーキットの遊園地「モートピア」の新アトラクション「DUELGP(デュエルジーピー)」を3月3日にオープンする。搭乗者が自分でハンドルを操作することが可能な、世界初のレーシングコースターだ。2月24日に内覧会がされた。
親子でEVカート組立体験&最新EV試乗会、参加者募集中 3月18日開催

親子でEVカート組立体験&最新EV試乗会、参加者募集中 3月18日開催

日本EVクラブは、新イベント「EVの楽しさ発見シリーズ」を企画。第1弾として、親子電気レーシングカート組み立て体験&最新EV・PHEV試乗会を3月18日、日本科学未来館にて開催する。
これぞ正真正銘のインターセプター、ついに完成!…ノスタルジック2デイズ

これぞ正真正銘のインターセプター、ついに完成!…ノスタルジック2デイズ

映画「マッドマックス」のインターセプターを限りなく忠実に再現したマシンが、ノスタルジック2デイズに登場した。しかも細部に渡ってリアルさを追求。ボンネットから突き出るスーパーチャージャーはシフトノブのスイッチで作動をオン/オフできるようにしている。
LOVE LOCALイベント、千葉県・大山千枚田で開催 5月19日

LOVE LOCALイベント、千葉県・大山千枚田で開催 5月19日

ダイハツは、LOVE LOCALイベントの2018年度第1弾を5月19日、千葉県・大山千枚田で開催する。参加者の募集を開始した。
一般オーナーたちの自慢の旧車、選ばれし10台…ノスタルジック2デイズ

一般オーナーたちの自慢の旧車、選ばれし10台…ノスタルジック2デイズ

当イベントの目玉のひとつとなっているが、恒例の「選ばれし10台」。『ノスタルジックヒーロー』と『ハチマルヒーロー』両誌で一般公募し、選出されたオーナー車両を展示した。
「2060年のモビリティ」デザインチャレンジ、ホンダなど5チームが決勝進出

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR