イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

「2060年のモビリティ」デザインチャレンジ、ホンダなど5チームが決勝進出

ロサンゼルスモーターショーの主催団体は11月17日、11月29日に開幕する「オートモビリティLA」で行う「2017デザイン&デベロッパーチャレンジ」の決勝進出5チームを発表した。

オートモビリティLAは、ロサンゼルスモーターショーのコネクテッドカーエキスポとプレス&トレードデーを統合したもの。自動車業界とテクノロジー業界が、新製品や新技術を発表し、輸送の将来を取り巻く喫緊の問題について議論する。

「デザイン&デベロッパーチャレンジ」は、自動車メーカーのデザイナーや開発者向けに行われる世界唯一のコンペ。2017デザイン&デベロッパーチャレンジは、マイクロソフトとオートモビリティLAが共同開催。

コンペの参加者は未来を思考し、2060年の大規模な世界的なスポーツイベント開催に名乗りを上げたロサンゼルス市のために、2060年のモビリティコンセプトを開発するのがテーマ。コンペの参加者は、2060年のロサンゼルス市がレベル5以上の完全自動運転車を導入したと想定し、車両やインフラストラクチャーが、どのように変化すべきかを提案する。

今回、2017デザイン&デベロッパーチャレンジの決勝進出5チームが発表。参加11チームの中から決勝に残ったのは、GKデザインインターナショナル、ホンダアドバンスドデザイン、Launch Forth&アリアンツ、oiio、ZGFアーチテクツの5チーム。

中でも、ホンダアドバンスドデザインは、将来のホンダとアキュラの自動車およびモビリティのデザインコンセプトを提案。ロサンゼルスに本拠を置くTriggerと協力し、複合的な現実体験を考案している。また、GKデザインインターナショナルは、日本のデザイン開発会社GKデザイングループの北米事業所だ。
提供元:Response

関連するイベントニュース

ホンダ、スタートアップとの最新協業成果をCES 2018で公開予定…自動運転やコネクトカー

ホンダ、スタートアップとの最新協業成果をCES 2018で公開予定…自動運転やコネクトカー

ホンダの米国部門は12月7日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES 2018において、「ホンダ・エクセラレーター」の最新イノベーション技術を初公開すると発表した。
ボルボ PV544、トヨタ博物館へ寄贈…3点式シートベルトを世界で初めて標準装備

ボルボ PV544、トヨタ博物館へ寄贈…3点式シートベルトを世界で初めて標準装備

ボルボ・カー・ジャパンは12月8日、世界で初めて3点式シートベルトを標準装備した1959年式『PV544』をトヨタ博物館(愛知県長久手市)に寄贈すると発表した。
ロールスロイス ファントム 新型、量産第一号車が慈善オークションに

ロールスロイス ファントム 新型、量産第一号車が慈善オークションに

ロールスロイスモーターカーズは12月4日、新型『ファントム』の量産第一号車を2018年1月、米国フロリダ州で開催されるオークションにチャリティ目的で出品すると発表した。
太田哲也氏によるVWオーナー向けドライビングレッスン 12月23日、袖ヶ浦で開催

太田哲也氏によるVWオーナー向けドライビングレッスン 12月23日、袖ヶ浦で開催

元レーシングドライバーでモータージャーナリストの太田哲也氏が校長を務める「Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with Volkswagen」が12月23日、フォルクスワーゲンオーナーを対象に袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで開催される。
プジョーの「i-Cockpit」、プレジャーボートに搭載…コンセプトモデル発表

プジョーの「i-Cockpit」、プレジャーボートに搭載…コンセプトモデル発表

プジョーは12月2日、フランスで開幕したパリボートショー2017において、『シー・ドライブ・コンセプト』を発表した。
「2060年のモビリティ」デザインチャレンジ、ホンダなど5チームが決勝進出

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR