イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

スポーツの価値を重視、授業づくりワークショップ2/3

 日本アンチ・ドーピング機構は2018年2月3日、スポーツ庁委託事業「スポーツの価値を基盤とした授業づくりワークショップ」を国立スポーツ科学センターで開催する。講演や実践発表を聴講するほか、グループワークを通して具体的な授業の展開について検討する。参加無料。

 平成29年3月に文部科学省が策定した第2期スポーツ基本計画では、ひとつのキーワードとして「スポーツの価値」が掲げられ、スポーツの価値を通して自分自身の人生や社会へ良い影響を与えること、世界とつながること、未来を創造していくことが記載されている。スポーツの価値を基盤とした教育は、すべての生徒がスポーツの価値を言葉で表現し体現するような発展的な教育を目指し、現在高等学校の保健体育「体育理論」のほか、学校教育のさまざまな授業や活動を通じて実践されている。

 今回のワークショップでは、参加者が具体的な授業イメージを持つことを目的としている。第1部では、講師による特別講演とモデル校の先生方による実践例の発表を行う。第2部では、授業づくりグループワークとして、多様な授業展開の可能性と実践につながる具体的な授業内容や指導教材について検討し、プレゼンテーション・講評を行う。講師は、桐蔭横浜大学教授の佐藤豊氏。

 参加申込みは、日本アンチ・ドーピング機構のWebサイト「スポーツの価値を基盤とした教育―スクールプロジェクトー」で受け付けている。申込締切は2018年1月25日。なお、定員50名に達し次第受付を終了する。

◆スポーツの価値を基盤とした授業づくりワークシプ
日時:2018年2月3日(土)10:15~16:30(受付開始10:00)
会場:国立スポーツ科学センター 研修室A(東京都北区西が丘3‐15‐1)
定員:50名
参加費:無料
申込方法:日本アンチ・ドーピング機構のWebサイトで受け付ける
申込締切:2018年1月25日(木)
※定員に達し次第受付終了
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

100か国同時開催「世界一大きな授業2018」先生役6/27まで募集

100か国同時開催「世界一大きな授業2018」先生役6/27まで募集

 世界中の子どもたちが教育を受けられることを目指す世界規模のイベント「世界一大きな授業2018」が、2018年4月14日から6月30日まで世界100か国で一斉に開催される。世界一大きな授業を実施する先生役を800人募集する。
学びのお祭り「Learn for Life」3/26・27、主催者に聞く楽しみ方

学びのお祭り「Learn for Life」3/26・27、主催者に聞く楽しみ方

 人生100年時代とも言われるこの時代に、同イベントを企画した意図とは。主催者であるLearn for Life代表の小林秀行氏に、イベントのねらいや楽しみ方、見どころを聞いた。
【春休み2018】教育課題を話しあおう「Edcamp Yokohama #2」3/31

【春休み2018】教育課題を話しあおう「Edcamp Yokohama #2」3/31

 教育関係者を対象としたカンファレンス「Edcamp Yokohama #2」が、2018年3月31日に横浜・関東学院関内メディアセンターで開催される。教員や教育関係者から学生まで、教育課題に興味がある者の参加を広く募る。参加費無料。
世界大学ランキングからみた日本の大学、QSシンポジウム4/25

世界大学ランキングからみた日本の大学、QSシンポジウム4/25

 世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(QS)は、日本の大学関係者向けシンポジウム「世界の舞台における日本の大学」を2018年4月25日に早稲田大学で開催する。参加費は無料で事前申込みが必要。
夢に向けて…具志堅幸司氏ら神奈川ゆかりのアスリートが集結3/21

夢に向けて…具志堅幸司氏ら神奈川ゆかりのアスリートが集結3/21

 世界や日本で活躍した神奈川にゆかりのあるトップアスリートが設立した「かながわアスリートネットワーク」が、平成30年3月21日にシンポジウムと交流会を開催する。第一線で活躍したさまざまな競技のアスリートと直接話すことができる。参加費無料で、事前の申込みが必要。
スポーツの価値を重視、授業づくりワークショップ2/3
スポーツの価値を重視、授業づくりワークショップ2/3
スポーツの価値を重視、授業づくりワークショップ2/3

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR