イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

マダガスカル共和国からただ1人参加した16歳の選手。彼女は、平昌オリンピックをどう感じたのだろう

平昌オリンピックの開会式の様子をテレビで見ていた人なら、気づいたかもしれない。マダガスカル共和国から、16歳の少女が文字通り国を背負って平昌を訪れていることに。

ミアリティアナ・クレール。平昌オリンピックに、マダガスカル共和国から唯一参加したアルペンスキーの選手。彼女はこの舞台をどう感じ、何を学んだのだろう。CNNに、自身が感じた平昌オリンピックの様子について明かしている。

◆ 「あぁ、大丈夫だ」

「旗を持った時、とても奇妙な気分だった。旗を持つ練習はしたけれども、開会式が始まる前の短いインタビューに答える前、これから私は私の人生で最も大きなことを成し遂げようとしていること、そして私はまだそれに準備ができていないことに気づいたの」

「『マダガスカル』と放送が流れる前、すごく緊張した。でも、私を先導してくれた白いドレスを着た女性について、一旦歩き出すと、リラックスできた。『あぁ、大丈夫だ』って」



マダガスカルの首都、アンタナナリボに8人兄弟の1人として生まれたクレールは、生後18ヶ月、フランス人の夫妻の元に養子に入り、フランスのアルプス山脈地帯で育った。3歳の頃からアルペンスキーを始め、9歳の頃に初めて大会に参加した。(平昌オリンピック公式ホームページより)

それから7年後、この舞台に参加する資格を得た。

彼女が出場したのはジャイアントスラロームと、スラロームの2種目。80人を超える参加者と競い合った。それぞれ、48位と47位だった。



◆ 「今なら、準備ができている」

「本当に初めての経験だった。ちょっと大げさかもしれないけれど、ここに来れて本当によかった」

学校に通学せず、家庭に拠点を置いて学習を行うホームスクールをしている彼女。まだ2年間はこの生活が続くので、この間さらにスキーに専念できる。

「もっと成長したいし、このレベルでもっと力を見せたい。今なら、もっと自分ができることを大舞台で見せれる準備ができている」

2022年に開催される北京オリンピックで、メダルを取ることがいまの目標だ。

オリンピック開会式。マダガスカルから16歳の女の子が1人。こみ上げてくるものがある。どんな気持ちなんだろう。一緒に語る話ではないが、そうか「フェノミナ」の衣装はアルマーニだったのか— じんのひろあき (@akirujagawa) 2018年2月10日


テレビをつけたらちょうど選手入場中…マダガスカルの選手、16歳の女の子、たった1人、みんな注目してるんだろうなぁと思うと涙ちょちょぎれる……— よつば (@lililizona) 2018年2月9日
提供元:CycleStyle

関連するイベントニュース

ケンブリッジ飛鳥も引退後はサッカー選手に?ウサイン・ボルトへの憧れ

ケンブリッジ飛鳥も引退後はサッカー選手に?ウサイン・ボルトへの憧れ

ナイキジャパンは、ランニングと音楽体験を融合させたライブイベント「ナイキ TOKYO GOフェス」を4月21日と22日の2日間、六本木で開催した。
ケンブリッジ飛鳥、プロ転向して変わったこと。31秒の沈黙の後、口を開いた

ケンブリッジ飛鳥、プロ転向して変わったこと。31秒の沈黙の後、口を開いた

ケンブリッジ飛鳥選手が、来場客から僅か1メートル先ほどしか離れていないランニングマシーンを全速力で走るその姿に、歓声が上がった。
清武弘嗣と山口蛍のトーク&ヘアスタイリングショー開催

清武弘嗣と山口蛍のトーク&ヘアスタイリングショー開催

CHAMBER OF CRAFTERS(チェンバーオブクラフターズ)は、新商品の先行発売を記念して、「ヘアスタイルで男を上げろ!清武選手・山口選手スペシャルトーク&ヘアスタイリングショー 」を4月29日(日)に開催する。
佐藤信人、ゴルフダイジェスト・オンラインファン大賞授賞

佐藤信人、ゴルフダイジェスト・オンラインファン大賞授賞

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)は、ゴルフダイジェスト社が主催する“ゴルフダイジェストアワード2018”にて、「ゴルフダイジェスト・オンライン ファン大賞(GDOファン大賞)」の受賞者を発表した。
「天候すらオオタニを恐れたんだ」「俺もオオタニ怖い」大谷翔平、メジャー3度目の登板は延期

「天候すらオオタニを恐れたんだ」「俺もオオタニ怖い」大谷翔平、メジャー3度目の登板は延期

米メジャーリーグ、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平が3度目の登板予定となっていた15日(現地時間)のカンザスシティー・ロイヤルズ戦が、試合開始の約30分前、マイナス0.6度という寒さのため中止となった。
マダガスカル共和国からただ1人参加した16歳の選手。彼女は、平昌オリンピックをどう感じたのだろう
マダガスカル共和国からただ1人参加した16歳の選手。彼女は、平昌オリンピックをどう感じたのだろう

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR