イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

【レジャー&サービス産業展14】ヘリ操縦のシミュレーションができる軽自動車、イベントで人気

アミューズメント関連の展示会「レジャー&サービス産業展」(11月27日~28日)で、ちょっと変わった軽自動車が出品された。なんと荷台の部分がヘリコプターのフライトシミュレーターになっているのだ。しかも本格的で、操縦室は本物そっくり。

製作したのはあいあんクック(本社・東京都立川市)で、移動販売用の車両をつくっている会社だ。なんでもヘリの免許を持っている竹内晋社長が、地上で手軽に操縦訓練ができたら便利だと、約1年の歳月をかけてつくったという。

その裏にはヘリの免許を取得するのに、多くの時間と費用がかかるということがあった。例えば、飛行時間が60~110時間で、費用は約1000万円。これでは、なかなか免許を取ることは難しい。そこで、このシミュレーターをつくったわけだ。

「大手航空会社が使用している飛行機用シミュレーターソフトを買ってきて、ヘリ用に改良しました。ホバリングはもちろんのこと、垂直離陸・垂直着陸、急旋回など実際のヘリと同じような操縦ができます。そして、墜落の体験もできます」と同社関係者は説明する。

価格は626万円(スタンダード)と826万円(ハイグレード)。軽自動車タイプのほかにコックピットだけの室内タイプもあり、こちらは426万円から706万円。また、レンタルも行っており、1日19万5000円。

イベントに呼ばれることが多く、子どもはもちろんのこと大人にも大人気だという。横に自衛隊OBのパイロットが同席するので、素人でも安心して操縦ができるとのことだ。
提供元:Response

関連するイベントニュース

室屋選手のパイロットスーツも展示…BREITLING Special Exhibition

室屋選手のパイロットスーツも展示…BREITLING Special Exhibition

来る11月19日から、ブライトリングフェアが開催される。それに先駆けて、ISHIDA表参道では、BREITLING Special Exhibitionを11月5日・6日の2日間開催中だ。
入間基地航空祭、今年は天気予報の影響で出足が鈍る?

入間基地航空祭、今年は天気予報の影響で出足が鈍る?

航空自衛隊・入間基地(埼玉県狭山市)は3日、秋の恒例行事となっている「入間基地航空祭」を開催した。例年は20万人以上が訪れるものの、今年は前日まで雨予報だったことなどから観客の出足が若干鈍り、ここ数年では最も少ない13万人の来場者となった。
エアレースパイロット室屋義秀、ブライトリングのイベントでエアショー実施

エアレースパイロット室屋義秀、ブライトリングのイベントでエアショー実施

ブライトリング・ジャパンは10月29日、同社の顧客を対象としたクローズドイベント「メンバーズサロン スペシャル福島」を、ふくしまスカイパーク(福島県福島市)で開催した。同社の支援を受ける室屋義秀選手の今シーズン報告会を兼ねている。
先進技術実証機「X-2」、岐阜基地航空祭で初の一般公開

先進技術実証機「X-2」、岐阜基地航空祭で初の一般公開

航空自衛隊・岐阜基地は30日、毎年秋の恒例行事となっている「岐阜基地航空祭」を開催した。注目の的だったのは、一般向けとしては初めて公開となった先進技術実証機「X-2」。国産のステルス実証機を一目見ようと多くの観客が集った。
下総航空基地公開…花電車や駐車場拡大、ショッピングモール化で親子ウケ

下総航空基地公開…花電車や駐車場拡大、ショッピングモール化で親子ウケ

「親子でゆっくり楽しめる」「ピクニック気分」といった声が多かった海上自衛隊 下総航空基地公開イベント(10月29日)。海自・陸自・空自の実機展示に航空ファンが夢中になれば、子どもたちがはしゃぐ手づくりアトラクションには親子の行列ができた(写真30枚)。
【レジャー&サービス産業展14】ヘリ操縦のシミュレーションができる軽自動車、イベントで人気
【レジャー&サービス産業展14】ヘリ操縦のシミュレーションができる軽自動車、イベントで人気
【レジャー&サービス産業展14】ヘリ操縦のシミュレーションができる軽自動車、イベントで人気
【レジャー&サービス産業展14】ヘリ操縦のシミュレーションができる軽自動車、イベントで人気

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR