イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

葛西臨海水族園、親子向けプログラム「東京の海を知る」5/17から

 葛西臨海水族園は5月17日から、親子向けシリーズフィールドプログラム「東京の海を知る」を開催。対象は小学校3年生以上の子どもと保護者で、今年度は全4回を予定している。第1回「東京湾の人工干潟を訪ねる」は、5月2日が申込締切。

 このフィールドプログラムは、もっとも身近な存在である東京の海を知ってもらうため、前年度に引き続き開催される。いくつかの東京の海を訪ね、どんな生き物がくらしているのか、どんなことが起きているのかを体験をとおして学んでいく。

 シリーズ第1回「東京湾の人工干潟を訪ねる」は5月17日開催、場所は葛西海浜公園の人工干潟「西なぎさ」。小学校3年生以上の子どもとその保護者を対象に、30名を募集する。申込みは往復はがき・E-mailで、葛西臨海水族園あてに、5月2日までに送付する。往復はがきは当日消印、E-mailは当日送信分まで有効。

 第2回「トビハゼのくらす干潟を訪ねる」は6月13日、第3回「東京湾の干潟とアマモ場を訪ねる」は6月20日、第4回「海の幸を獲る・味わう」は9月中の開催を予定している。

◆親子向けシリーズフィールドプログラム「東京の海を知る」
第1回【東京湾の人工干潟を訪ねる】
日時:5月17日(日)9:15~13:30(雨天中止)
場所:葛西海浜公園「西なぎさ」
対象:小学校3年生以上の子どもとその保護者
定員:30人
申込締切:5月2日(土)消印有効
申込方法:参加者全員の氏名などを記入し、往復はがき、またはE-mailで、葛西臨海水族園「東京の海を知る」係あてに送付。詳しい送付先は同園ホームページから確認できる。

第2回【トビハゼのくらす干潟を訪ねる】6月13日(土)
第3回【東京湾の干潟とアマモ場を訪ねる】6月20日(土)
第4回【海の幸を獲る・味わう】9月中
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

【夏休み2017】工芸館40周年「こども×おとな工芸館 調度 ハッピーのかたち」

【夏休み2017】工芸館40周年「こども×おとな工芸館 調度 ハッピーのかたち」

 東京国立近代美術館(MOMAT)の分館・工芸館は、11月15日に開館40周年を迎えることを記念し、特別企画展「こども×おとな工芸館 調度・ハッピーのかたち」を7月4日~9月3日まで開催する。工芸作品の展示のほか、体験イベントも多数開催される。
三菱みなとみらい技術館「はたらくのりもの」大集合6/21-7/10

三菱みなとみらい技術館「はたらくのりもの」大集合6/21-7/10

 三菱みなとみらい技術館は、6月21日~7月10日まで企画展「はたらくのりものコレクション~見て・聞いて・体験して楽しめる はたらくのりもの~」を開催する。さまざまな種類の乗り物を展示するほか、体験企画やトークショーが行われる。
夜の水族館で幻想的な体験を「ほたるの夜」6/14-18、すみだ水族館

夜の水族館で幻想的な体験を「ほたるの夜」6/14-18、すみだ水族館

 すみだ水族館と東武動物公園によるコラボ企画「ほたるの夜」が、6月14日から18日まで開催される。幻想的な夜の水族館でホタル鑑賞ができるほか、LEDランタンを持って館内を回遊する体験プログラムも実施。静かで涼しげな初夏の夜を体験できる特別プログラムだ。
【夏休み2017】ペンギン型ロボや生物の剥製登場「南極・北極展」7/22-8/16

【夏休み2017】ペンギン型ロボや生物の剥製登場「南極・北極展」7/22-8/16

 玉川高島屋ショッピングセンターは、2017年に昭和基地が南極開設60周年の節目を迎えることを記念し、特別展「南極・北極展~真夏の二子玉川に氷と雪の世界がやってきた!~」を7月22日~8月16日に開催する。
個性豊かな「ロボット」名古屋に大集合、特別展前売り5/13開始

個性豊かな「ロボット」名古屋に大集合、特別展前売り5/13開始

 名古屋テレビ放送(メ~テレ)は、名古屋市科学館、読売新聞社との共催で、日々進化を遂げるロボットの過去、現在、未来を紹介する特別展「ロボットってなんだろう?」を開催する。会期は7月15日~9月3日の45日間で、5月13日より前売り券を発売する。
葛西臨海水族園、親子向けプログラム「東京の海を知る」5/17から
葛西臨海水族園、親子向けプログラム「東京の海を知る」5/17から

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR