イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

葛西臨海水族園、親子向けプログラム「東京の海を知る」5/17から

 葛西臨海水族園は5月17日から、親子向けシリーズフィールドプログラム「東京の海を知る」を開催。対象は小学校3年生以上の子どもと保護者で、今年度は全4回を予定している。第1回「東京湾の人工干潟を訪ねる」は、5月2日が申込締切。

 このフィールドプログラムは、もっとも身近な存在である東京の海を知ってもらうため、前年度に引き続き開催される。いくつかの東京の海を訪ね、どんな生き物がくらしているのか、どんなことが起きているのかを体験をとおして学んでいく。

 シリーズ第1回「東京湾の人工干潟を訪ねる」は5月17日開催、場所は葛西海浜公園の人工干潟「西なぎさ」。小学校3年生以上の子どもとその保護者を対象に、30名を募集する。申込みは往復はがき・E-mailで、葛西臨海水族園あてに、5月2日までに送付する。往復はがきは当日消印、E-mailは当日送信分まで有効。

 第2回「トビハゼのくらす干潟を訪ねる」は6月13日、第3回「東京湾の干潟とアマモ場を訪ねる」は6月20日、第4回「海の幸を獲る・味わう」は9月中の開催を予定している。

◆親子向けシリーズフィールドプログラム「東京の海を知る」
第1回【東京湾の人工干潟を訪ねる】
日時:5月17日(日)9:15~13:30(雨天中止)
場所:葛西海浜公園「西なぎさ」
対象:小学校3年生以上の子どもとその保護者
定員:30人
申込締切:5月2日(土)消印有効
申込方法:参加者全員の氏名などを記入し、往復はがき、またはE-mailで、葛西臨海水族園「東京の海を知る」係あてに送付。詳しい送付先は同園ホームページから確認できる。

第2回【トビハゼのくらす干潟を訪ねる】6月13日(土)
第3回【東京湾の干潟とアマモ場を訪ねる】6月20日(土)
第4回【海の幸を獲る・味わう】9月中
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

イルミネーションから早朝座禅まで…大学の冬イベント<2017-18まとめ>

イルミネーションから早朝座禅まで…大学の冬イベント<2017-18まとめ>

 2017年も残りわずかとなりクリスマスシーズンの盛り上がりをみせている。各地の大学では、華やかに装飾されたイルミネーションが冬の風物詩になっているところも多く、地域住民に足を運んでもらおうと年末はさまざまなイベントが開かれている。今回その一部を紹介しよう。
親子でDIY、アークヒルズのクリスマス限定ワークショップ

親子でDIY、アークヒルズのクリスマス限定ワークショップ

 アークヒルズでは、2017年11月17日~12月25日の期間「アークヒルズクリスマス2017~Light of mine~」を開催している。期間中の土曜日には、アークヒルズ内の会員制DIY工房「TechShop Tokyo」にて、クリスマスをテーマにした限定ワークショップを実施する。
アシカやサルがお手伝い、東北サファリパークがサプライズ支援

アシカやサルがお手伝い、東北サファリパークがサプライズ支援

 福島県二本松市の「東北サファリパーク」は、2017年12月16日から25日までの期間、来場者の“サプライズプレゼント”を動物が手伝う特別イベントを開催する。家族や友人など、大切な人に向けた誕生日やクリスマスプレゼントの演出を手伝ってもらおう。
アーティスト28組が参加「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」開幕

アーティスト28組が参加「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」開幕

 ドラえもんと現代アートが競演する展覧会「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が2017年11月1日より2018年1月8日まで、六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーで開催されている。
クラシックの祭典「東京・春・音楽祭2018」親子で楽しく春を待とう

クラシックの祭典「東京・春・音楽祭2018」親子で楽しく春を待とう

 桜咲く春の上野を舞台にしたクラシック音楽の祭典「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2018-」が、2018年3月16日から4月15日まで開催される。国内外の一流アーティストによるコンサートのほか、毎年人気の子ども向けプログラム「東京春祭 for Kids」などが行われる。
葛西臨海水族園、親子向けプログラム「東京の海を知る」5/17から
葛西臨海水族園、親子向けプログラム「東京の海を知る」5/17から

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR