イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

葛西臨海水族園、親子向けプログラム「東京の海を知る」5/17から

 葛西臨海水族園は5月17日から、親子向けシリーズフィールドプログラム「東京の海を知る」を開催。対象は小学校3年生以上の子どもと保護者で、今年度は全4回を予定している。第1回「東京湾の人工干潟を訪ねる」は、5月2日が申込締切。

 このフィールドプログラムは、もっとも身近な存在である東京の海を知ってもらうため、前年度に引き続き開催される。いくつかの東京の海を訪ね、どんな生き物がくらしているのか、どんなことが起きているのかを体験をとおして学んでいく。

 シリーズ第1回「東京湾の人工干潟を訪ねる」は5月17日開催、場所は葛西海浜公園の人工干潟「西なぎさ」。小学校3年生以上の子どもとその保護者を対象に、30名を募集する。申込みは往復はがき・E-mailで、葛西臨海水族園あてに、5月2日までに送付する。往復はがきは当日消印、E-mailは当日送信分まで有効。

 第2回「トビハゼのくらす干潟を訪ねる」は6月13日、第3回「東京湾の干潟とアマモ場を訪ねる」は6月20日、第4回「海の幸を獲る・味わう」は9月中の開催を予定している。

◆親子向けシリーズフィールドプログラム「東京の海を知る」
第1回【東京湾の人工干潟を訪ねる】
日時:5月17日(日)9:15~13:30(雨天中止)
場所:葛西海浜公園「西なぎさ」
対象:小学校3年生以上の子どもとその保護者
定員:30人
申込締切:5月2日(土)消印有効
申込方法:参加者全員の氏名などを記入し、往復はがき、またはE-mailで、葛西臨海水族園「東京の海を知る」係あてに送付。詳しい送付先は同園ホームページから確認できる。

第2回【トビハゼのくらす干潟を訪ねる】6月13日(土)
第3回【東京湾の干潟とアマモ場を訪ねる】6月20日(土)
第4回【海の幸を獲る・味わう】9月中
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

筑波宇宙センター9/30特別公開、水ロケット打ち上げなど

筑波宇宙センター9/30特別公開、水ロケット打ち上げなど

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月30日、筑波宇宙センターを特別公開する。水ロケット工作教室、ロケットエンジン体験迷路など、49種類のイベントが企画されており、子どもから大人まで楽しむことができる。入場無料。
アメリカ皆既日食、ウェザーニューズが8/22午前1時半から生中継

アメリカ皆既日食、ウェザーニューズが8/22午前1時半から生中継

 ウェザーニューズは8月22日、アメリカの一部で見ることができる「皆既日食」の生中継を行う。24時間生放送の天気番組「SOLiVE24」で特別番組を組んで放送され、ウェザーニュースのWebサイトや各種動画サイトにて閲覧できる。特別番組は8月22日午前1時30分よりスタート。
東京国立博物館「野外シネマ」9/22・23、学生サポーター募集

東京国立博物館「野外シネマ」9/22・23、学生サポーター募集

 東京国立博物館は9月22日と23日、映画と博物館を楽しむ「博物館で野外シネマ」を開催する。昨年(2016年)は1万500人が来場したという人気イベント。開催に伴い、運営を手伝う学生スタッフを募集する。スタッフの参加申込みは8月23日まで受け付ける。
【夏休み2017】夜の動物園・ナイトズー、東京・神奈川・大阪の6園を特集

【夏休み2017】夜の動物園・ナイトズー、東京・神奈川・大阪の6園を特集

 さまざまな動物を間近に見ることができる動物園。夏休み期間中は、多数の園が開園時間を夜間まで延長するナイトズーを企画している。今回はこのうち、東京都、神奈川県、大阪府の6園のナイトズーをピックアップして紹介したい。
【夏休み2017】国立天文台、全国4施設を特別公開…講演会や施設見学など

【夏休み2017】国立天文台、全国4施設を特別公開…講演会や施設見学など

 国立天文台は、夏休み期間に全国4か所の施設において年に1度の特別公開を実施する。普段は立ち入ることのできない観測・実験装置の公開や、研究紹介、天文学者による最新の研究成果の講演など、各施設ごとにさまざまなプログラムが用意されている。いずれも入場無料。
葛西臨海水族園、親子向けプログラム「東京の海を知る」5/17から
葛西臨海水族園、親子向けプログラム「東京の海を知る」5/17から

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR