オーボエとリュートで巡るヨーロッパの旅

オーボエとリュートで巡るヨーロッパの旅

注目度:注目度 0.740.74

スケジュール
20211216() あと15日
Webサイト
全自由席 前売り3,500円 当日 4,000円

主催:クラングレーデ コンサート事務局
神奈川文化プログラム認証事業

お問い合わせ・ご予約
■ クラングレーデ コンサート事務局 concert@zav.att.ne.jp 電話/FAX:045-982-3201
*ご予約は「コンサート名」「お名前とお電話番号」「予約人数」をお書きの上、なるべく電子メールにてご予約ください。



出演:
大山有里子(バロック・オーボエ)
中川祥治(テオルボ/バロック・リュート)

プログラム
J-M.オトテール:組曲 第3番 ハ長調       
D.M.ドレイエル:オーボエ・ソナタ 第5番 ト短調
作者不詳:シャコンヌ イ短調(リュートソロ)
T.ヴィンセント Jr.:オーボエ・ソナタ 第2番 イ短調
S.L.ヴァイス(ナカガワ):シャコンヌ ト短調 (リュートソロ)
G.Ph.テレマン:パルティータ 第2番 ト長調 TWV 41:G2「小室内楽」より 

*プログラムは変更することがございます。ご了承ください。

撥弦楽器リュートがヨーロッパに最初に現れたのは中世のことです。十字軍によって中東からもたらされたとか、スペインのイスラム教徒とキリスト教徒の分裂を横断して運ばれたなどの説があります。それに対してオーボエはずっと後の17世紀の終わり頃、フランスでそれまであったダブルリードの楽器を改良して作り出された楽器です。オーボエが現代までオーケストラに欠かせない楽器となっているのに対して、リュートはバロック音楽の終焉とともに急速に衰退していきました。
オーボエとリュート、この二つの楽器がともに華やかに活躍した時代、それがバロック音楽の時代です。二つの楽器が出会った比較的短い期間、二人だけで演奏されることがどれくらいあったのでしょう?実際にそういう機会があったのか、あったとしたらどんな場面だったのか、、、、残っている記録は何もありません。
爪弾くリュートと歌うオーボエのデュオ、この独特な響きを持った音楽をファンタジーにのせてお送りいたします。

掲示板

掲示板を読み込み中です....


ホットペッパー Webサービス

楽天ウェブサービスセンター


イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR