イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」


鉄旅オブザイヤー2016に「ながまれ海峡号」…旅行会社がプロデュースする観光列車

鉄旅オブザイヤー実行委員会が主催する「2016年度 鉄旅オブザイヤー」で、日本旅行が企画・実施した企画商品「赤い風船『観光列車・ながまれ海峡号に乗ろう』」が、グランプリを受賞した。表彰式が25日、さいたま市の鉄道博物館で実施された。

鉄旅オブザイヤーは、旅行のプロが国内の優れた鉄道旅行商品を表彰し、「鉄道旅行」ならではの魅力を発信することを目的としている。今回が第6回目。審査員は、『旅と鉄道』誌の芦原伸編集長を委員長に、鉄道について造詣のある大学教員、新聞記者や鉄道ライターら。本年度は106作品がノミネートされた。

グランプリの「ながまれ海峡号」は2016年3月の北海道新幹線と同時に第3セクターで開業した「道南いさりび鉄道」が運行する観光列車だ。

この観光列車は、企画から商品造成、サービス提供までをすべて日本旅行が行なう「日本初の旅行会社がプロデュースする観光列車」として話題となった。沿線地域との連携による地域活性化をテーマとするこの列車は毎月1~2本程度が運行され、日本旅行ではそれに合わせた旅行商品を造成、ほぼ満席での運行を続けている。

日本旅行によると、日本においても「鉄道旅行」のニーズが急増しているという。日本各地には “鉄道を中心的な観光資源”として地域の活性化を目指している自治体も少なくない。「ながまれ海峡号」の取組を通じて「地方創生」に向けてヒントを提起できたことが、グランプリ受賞につながったものと、同社では考えている。
提供元:Response

関連するイベントニュース

スポーツボートで新感覚ゲーム「これヤバイ!」…東京湾フォトラリーに挑戦

スポーツボートで新感覚ゲーム「これヤバイ!」…東京湾フォトラリーに挑戦

駅のスタンプラリーやリアル脱出ゲームと、街なかを題材にしたゲームが盛り上がりをみせるなか、新感覚な“水上のゲーム”が始まった。その名も、「ヤマハ スポーツボート東京湾アドベンチャーフォトラリー」。いったいどんなゲームなのか、これはやってみるしかない。
水上飛行機用も!! ボート昇降装置を手掛ける日本ホイスト…ジャパンボートショー2018

水上飛行機用も!! ボート昇降装置を手掛ける日本ホイスト…ジャパンボートショー2018

マリーナのボート用の昇降装置を手掛ける日本ホイストも、ジャパンボートショー2018にブースを構えていた。
乗り物の進化では当然? ヤンマーのサスペンションボート…ジャパンボートショー2018

乗り物の進化では当然? ヤンマーのサスペンションボート…ジャパンボートショー2018

ジャパンインターナショナルボートショー、ヤンマーのブースではサスペンションボートが来場者の注目を集めていた。ボートが大きな波を超えるときに、ボート船体や乗員が受けるダメージを減らす、次世代の技術である。
ヤマハ、新型艇「イグザルト43」や「SR330」など初公開…ジャパンボートショー2018

ヤマハ、新型艇「イグザルト43」や「SR330」など初公開…ジャパンボートショー2018

ヤマハ発動機は3月8日に横浜市で開幕したジャパンインターナショナルボートショー2018で、今夏に発売を予定しているプレミアムボート『イグザルト43』およびオープンスポーツモデル『SR330』を初公開した。
ホンダ、大型船外機BF250の後継機を日本初公開…ジャパンボートショー2018

ホンダ、大型船外機BF250の後継機を日本初公開…ジャパンボートショー2018

ホンダは3月8日に横浜市で開幕したジャパンインターナショナルボートショー2018で大型船外機『BF250』の次期型を日本初公開した。ホンダ初となる電子リモコンの採用や新しい外観デザインを採用したのが特徴。日本では2018年12月の発売を予定している。
鉄旅オブザイヤー2016に「ながまれ海峡号」…旅行会社がプロデュースする観光列車
鉄旅オブザイヤー2016に「ながまれ海峡号」…旅行会社がプロデュースする観光列車

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR