イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」


小1-4対象「なぜなに?かがく実験教室」80名を募集…科学技術館11/25

 「夢・化学-21」委員会は11月25日、小学1年生から4年生を対象とした「なぜなに?かがく実験教室」を開催する。今回は北区立十条富士見中学校の先生を講師に迎え、ヤジロベエを作る。参加費は無料で事前申込みが必要。かがく実験教室は1日2回開催、各回40名募集する。

 「なぜなに?かがく実験教室」は科学の持つ不思議さを体験し、「なぜそうなるのか」を考えることで科学への理解を深め、身の回りにある化学や化学製品に興味を持ってもらうことを目的に毎年開催しているイベント。1回限りの体験にとどまるのではなく、「生活の中にある不思議」に継続的に興味を持つようになることに重点を置き、中学校や高校・大学の先生による本格的な直接指導のもと、小学校の授業ではなかなか体験できない科学の実験や工作・観察などを行っているという。

 2017年度は全6回開催となっており、11月25日開催分で4回目。今回は「ヤジロベエを作ろう!」がテーマに、昔ながらのおもちゃであるヤジロベエをいろいろなもので作るという。講師は北区立十条富士見中学校の樋口健太郎先生。

 申込みは「夢・化学-21」Webサイトから、10月31日まで受け付ける。応募者多数の場合は抽選を行い、当選者のみメールにて通知される。なお、今後は2018年1月20日に「浮き沈みでプラスチックを区別しよう」、3月24日に「音の不思議」を開催。いずれの回も、開催日前月の上旬から申込みを受け付ける。

◆なぜなに?かがく実験教室「ヤジロベエを作ろう!」
日時:2017年11月25日(土)1回目/13:30~14:15 2回目/15:00~15:45
対象:小学1年生~4年生
会場:科学技術館4階 実験スタジアム(東京都千代田区北の丸公園2-1)
定員:各回40名
参加費:無料(参加者と保護者1名の入館料も無料)
締切り:2017年10月31日(火)
申込方法:「夢・化学-21」Webサイトから申し込む
※応募者多数の場合は抽選、当選者のみメールにて通知
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

【夏休み2018】農水省・経産省・宮内庁など「こども霞が関見学デー」8/1・2

【夏休み2018】農水省・経産省・宮内庁など「こども霞が関見学デー」8/1・2

 「こども霞が関見学デー」が平成30年8月1日と2日、26府省庁などで開催される。農林水産省や内閣府、経済産業省、金融庁、宮内庁がWebサイトでプログラムを公開している。経済産業省では過去最多となる41団体が出展する。
メーターの製造工程が学べるデンソーの工場見学ツアー、予約受付7/4より

メーターの製造工程が学べるデンソーの工場見学ツアー、予約受付7/4より

 デンソーは2018年7月23日、自動車部品に関する最新のモノづくりを親子で学ぶことができる工場見学コース「TAKATANAファクトリーツアー」を開始する。一般予約は、7月4日からWebサイトにて見学日の1週間前まで受け付ける。見学は無料。
【夏休み2018】佐川眞人氏講演や自由研究、大阪・朝小サマースクール7/31

【夏休み2018】佐川眞人氏講演や自由研究、大阪・朝小サマースクール7/31

 朝日学生新聞社は2018年7月31日、大阪科学技術館で「朝小サマースクール」を開催する。ノーベル賞候補である発明者・佐川眞人氏による講演や、自由研究のヒントにできるワークショップも開催予定。参加は無料。応募は7月9日まで。
【夏休み2018】国土交通省「こども霞が関見学デー」大臣と会話・免震体験など

【夏休み2018】国土交通省「こども霞が関見学デー」大臣と会話・免震体験など

 国土交通省は2018年8月1日と2日、幼児や小中学生などを対象とした国土交通省見学プログラムを実施する。大臣と話ができたり、免震体験車の乗車や災害対策地図作り体験ができたりと多数の企画を用意している。一部のプログラムは、事前申込が必要。
【夏休み2018】防衛省「こども霞が関見学デー」防衛講座・装備品見学などの探検ツアー

【夏休み2018】防衛省「こども霞が関見学デー」防衛講座・装備品見学などの探検ツアー

 防衛省は2018年8月1日と2日、子どもたちに防衛省・自衛隊の現状や防衛問題を学んでもらうために「ピクルス王子とパセリちゃんの市ヶ谷台探検ツアー」を実施する。申込みは、往復はがきにて受け付けている。締切りは7月10日(必着)。
小1-4対象「なぜなに?かがく実験教室」80名を募集…科学技術館11/25
小1-4対象「なぜなに?かがく実験教室」80名を募集…科学技術館11/25

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR