イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

京大准教授と迫る「オーロラの謎」京進の特別講義…京都・愛知2/5

 京都・滋賀・愛知を中心に学習塾を展開する京進は2月5日、京都と愛知にて京都大学准教授の海老原祐輔氏によるアカデミック特別講義「オーロラの謎を解き明かす」を開催する。対象は小学4年生~高校生で、定員は京都105名、愛知80名。京進Webサイトにて先着順で申込みを受け付けている。

 京進では、子どもたちに大学の講義を体験してもらい科学への興味をより深めてもらうアカデミック講義を毎年開催している。今回は「オーロラの謎を解き明かす」をテーマに宇宙空間物理学の講義を行う。小中学生にもわかりやすいよう南極や惑星までさまざまなオーロラの画像を交えながら講義を進めるほか、最新のスーパーコンピューターで解き明かした「オーロラ最大の謎」にも迫る内容だという。

 講演を務める海老原祐輔氏は、スウェーデンの北極圏や極地研究所、NASAなどで研究を行い、現在京都大学でオーロラと地球周囲の高エネルギー粒子の研究をしている。南極点出張は10回を数えるオーロラ研究のスペシャリストだという。

 講義は、京進に通塾していない子どもでも参加可能。小学生は保護者同伴となる。参加費は無料。京進のWebサイトにて各会場の申込みを受け付けており、定員になり次第締切となる。

◆京進アカデミック特別講義「オーロラの謎を解き明かす」
日程:2017年2月5日(日)
時間:京都会場10:00~11:30、愛知会場15:00~16:30
会場:京都会場「京都烏丸コンベンションホール」、愛知会場「ミッドランドホール」
対象:小学4年生~高校生(小学生は保護者同伴)
定員:京都会場105名、愛知会場80名
参加費:無料
申込方法:京進のWebサイト申込みフォームから行う(先着順、定員になり次第締切)
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

小・中学生対象のPCNプログラミングコンテスト、1/7まで作品を募集

小・中学生対象のPCNプログラミングコンテスト、1/7まで作品を募集

 すべての子どもたちにプログラミングを学ぶ機会を届ける活動を行っているプログラミング クラブ ネットワーク(PCN)は、「PCNこどもプログラミングコンテスト2017冬」を開催。小・中学生を対象に、2018年1月7日まで作品を募集する。
パシフィコ横浜×はまぎん、みなとみらいで星空観察1/23

パシフィコ横浜×はまぎん、みなとみらいで星空観察1/23

 パシフィコ横浜とはまぎんこども宇宙科学館は2018年1月23日、共同企画「みなとみらいで星空観察」を開催する。天体望遠鏡を使った星空観察、天文専門員によるレクチャー、ステンドグラスの特別公開を楽しむことができる。参加無料。事前申込制。
4次元シアターで宇宙を体験、京都「アストロトーク」12/23

4次元シアターで宇宙を体験、京都「アストロトーク」12/23

 京都大学総合博物館では2017年12月23日、花山星空ネットワーク主催によるアストロトークを実施する。天文講演と3Dメガネを使った「4次元宇宙シアター」を組み合わせたイベント。参加は小学生以上を対象に、45名を先着順に受け付ける。
証拠はウソをつかない…みなとみらいで「科学捜査」を体験1/17-2/12

証拠はウソをつかない…みなとみらいで「科学捜査」を体験1/17-2/12

 三菱みなとみらい技術館は2018年1月17日~2月12日、企画展「科学捜査の秘密2 ―証拠はウソをつかない―」を開催する。週替わりで4つの事件の捜査を体験できるコーナーのほか、週末にはワークショップも行われる。
なぜなに?かがく実験教室、プラスチックを区別しよう1/20

なぜなに?かがく実験教室、プラスチックを区別しよう1/20

 化学の学会と産業界が組織する「夢・化学-21」委員会は、小学1~4年生までを対象とした、2018年1月20日開催の「なぜなに?かがく実験教室」の応募を受け付けている。会場は科学技術館で、参加費は無料。応募締切は12月20日。
京大准教授と迫る「オーロラの謎」京進の特別講義…京都・愛知2/5
京大准教授と迫る「オーロラの謎」京進の特別講義…京都・愛知2/5
京大准教授と迫る「オーロラの謎」京進の特別講義…京都・愛知2/5

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR