イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

京大准教授と迫る「オーロラの謎」京進の特別講義…京都・愛知2/5

 京都・滋賀・愛知を中心に学習塾を展開する京進は2月5日、京都と愛知にて京都大学准教授の海老原祐輔氏によるアカデミック特別講義「オーロラの謎を解き明かす」を開催する。対象は小学4年生~高校生で、定員は京都105名、愛知80名。京進Webサイトにて先着順で申込みを受け付けている。

 京進では、子どもたちに大学の講義を体験してもらい科学への興味をより深めてもらうアカデミック講義を毎年開催している。今回は「オーロラの謎を解き明かす」をテーマに宇宙空間物理学の講義を行う。小中学生にもわかりやすいよう南極や惑星までさまざまなオーロラの画像を交えながら講義を進めるほか、最新のスーパーコンピューターで解き明かした「オーロラ最大の謎」にも迫る内容だという。

 講演を務める海老原祐輔氏は、スウェーデンの北極圏や極地研究所、NASAなどで研究を行い、現在京都大学でオーロラと地球周囲の高エネルギー粒子の研究をしている。南極点出張は10回を数えるオーロラ研究のスペシャリストだという。

 講義は、京進に通塾していない子どもでも参加可能。小学生は保護者同伴となる。参加費は無料。京進のWebサイトにて各会場の申込みを受け付けており、定員になり次第締切となる。

◆京進アカデミック特別講義「オーロラの謎を解き明かす」
日程:2017年2月5日(日)
時間:京都会場10:00~11:30、愛知会場15:00~16:30
会場:京都会場「京都烏丸コンベンションホール」、愛知会場「ミッドランドホール」
対象:小学4年生~高校生(小学生は保護者同伴)
定員:京都会場105名、愛知会場80名
参加費:無料
申込方法:京進のWebサイト申込みフォームから行う(先着順、定員になり次第締切)
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

【夏休み2017】東京国立博物館で親子イベント、ワークショップも

【夏休み2017】東京国立博物館で親子イベント、ワークショップも

 東京国立博物館(トーハク)は7月4日~9月3日の期間、親と子のギャラリー「びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験」を開催する。日本を代表する屏風の高精細な複製と映像がコラボした新たなアート体験を提供する。
都内すべての私立小中高が集結「東京都私立学校展」8/19・20

都内すべての私立小中高が集結「東京都私立学校展」8/19・20

 東京私立中学高等学校協会などが主催する、首都圏最大規模の進学相談イベント「東京都私立学校展・進学相談会」が8月19日・20日に開催される。小学校から高校まで都内の私立全校が参加するイベントで、入場無料。予約も不要で、各校がブースにて質問や相談に応じる。
親子で実験を楽しめる、理科大「サイエンスフェア」川崎6/10・11

親子で実験を楽しめる、理科大「サイエンスフェア」川崎6/10・11

 東京理科大学は6月10日・11日、サイエンスフェア「みらい研究室 ~科学へのトビラ~」を川崎市の東芝未来科学館で開催する。対象は、小・中・高校生や一般。入場料無料。事前申込み不要。
北大研究所一般公開「見て、聞いて、触って楽しむ最先端科学」6/3

北大研究所一般公開「見て、聞いて、触って楽しむ最先端科学」6/3

 北海道大学は、北大祭期間中の6月3日、6研究所・センターが合同で一般公開「見て、聞いて、触って楽しむ最先端科学」を開催する。北海道大学で行われている幅広い分野での最先端科学を体験することが可能。事前申込は不要。参加無料。
【夏休み2017】夏の大三角と七夕がテーマ、はまぎん星空観察会

【夏休み2017】夏の大三角と七夕がテーマ、はまぎん星空観察会

 はまぎんこども宇宙科学館は7月~8月、「夏休み特別星空観察会」を開催する。参加費は大人600円、4歳~中学生300円。事前申込みが必要で、Webサイトもしくは往復はがきにて受け付けている。
京大准教授と迫る「オーロラの謎」京進の特別講義…京都・愛知2/5
京大准教授と迫る「オーロラの謎」京進の特別講義…京都・愛知2/5
京大准教授と迫る「オーロラの謎」京進の特別講義…京都・愛知2/5

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR