イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

【LONDON STROLL】疾走する女子ライダー達

6月7日にダベントリー(Daventry)から始まり、11日にロンドンのリージェント・ストリート(Regents Street)のゴールを目指す、5つのステージで行われるThe OVO Energy Women’s Tourが英国で行われた。

開催初日となった6月7日のオープニングステージでは、 英国自転車レースでは馴染みのエリアであるノーサンプトンシャー(Northamptonshire)の田園風景に再会するかのように、再び開催地となった。スタート地点に選ばれた歴史的な街ダベントリー(Daventry)から3年連続でゴール地点に選ばれたケタリング(Kettering)の全長147.5kmのコースである。

8日に行われたステージ2は、英国の陶器の街として知られるストーク・オン・トレント(Stoke-on-Trent)で開催。ストーク・オン・トレント(Stoke-on-Trent)からストーク・オン・トレントに戻ってくる全長144.5kmのコースは、スタッフォードシャーのトリッキーな地形が織りなす魅力あるコースが大会を盛り上げた。

9日に行われたステージ3は、2016年の The OVO Energy Women’s Tourのステージ2の開催地の成功をきっかけに、2年連続で同コースが選ばれた英国で注目のコースである。スタートのアザーストーン(Atherstone)からロイヤル・レミントン・スパ(Royal Leamington Spa) へと向かう全長151kmのコースである。

ウォリックシャー(Warwickshire)にあり、人口約5万人の小さな町ロイヤル・レミントン・スパはその名の通り、スパ施設が多く点在するスパタウンである。3日目にこの街のコースが組み込まれているのは、選手達にとっては嬉しい配慮かもしれない。

10日に行われたステージ4は、チェスターフィールド(Chesterfield)からチェスターフィールドに戻ってくる全長123kmのコースである。チェスターフィールドとダービーシャー(Derbyshire)の周りを回っていくこのコースは、大会の勝者を決める最重要コースに位置付けられており、熾烈な争いが行われた。

大会最終日11日に行われたステージ5は、英国自転車レースの大会で初めて英国の首都ロンドンで開催された。ロンドンのリージェント・ストリート(Regents Street)から始まり、リージェント・ストリートへと戻ってくるコースを10周する全長88.2kmのコースである。

起伏の少ないロンドン市街を駆け抜けるスピードは圧巻だった。大都市ロンドン市街の道を封鎖し、多くの人々の目を釘付けにし、一体感となって盛り上がるロンドンの街は、近年自転車レースの大会を盛り上げる重要なコースとなってきている。

大会優勝はポーランド人のカタジナ・ニニウィアドーマ(Katarzyna Niewiadoma)選手。ステージ1を制し、その勢いで大会を制した彼女。2017年初のタイトルである。まだ22歳と若く、成長著しい彼女に今後も注目したい。
提供元:CycleStyle

関連するイベントニュース

【THE INSIDE番外編】全日本バレーボール大学男女選手権大会〈後編〉…関東勢上位だが、女子では地方学連勢も大健闘

【THE INSIDE番外編】全日本バレーボール大学男女選手権大会〈後編〉…関東勢上位だが、女子では地方学連勢も大健闘

今年は関東地区に集約され、男女同時開催となった全日本大学バレーボール選手権大会(スーパーカレッジバレー2017)は、男女ともに決勝は関東連盟所属の学校で争われた。
ボルダリングのルートはどうやって作るの? B-PUMP 荻窪の宮澤店長に聞いてみました

ボルダリングのルートはどうやって作るの? B-PUMP 荻窪の宮澤店長に聞いてみました

2020年東京五輪の正式種目に採用されたスポーツクライミング。ホールドと呼ばれる突起物を頼りに人工の壁を登る競技で、特徴の異なる「ボルダリング」「リード」「スピード」の3種目を行う複合競技として行われます。
インドで「蚊」対策に全裸でゴリゴリのマッサージを受けたが…。

インドで「蚊」対策に全裸でゴリゴリのマッサージを受けたが…。

インド。バックパッカーの間では、「アジアのラスボス」と呼ばれ恐れられています。
【記者ブログ】フィリピンに来て思う…「日本人は本当にコメ好きなのか?」という疑問とその答え

【記者ブログ】フィリピンに来て思う…「日本人は本当にコメ好きなのか?」という疑問とその答え

ジョリビー。フィリピンの国民的ファストフード。フィリピンではマクドナルドすらジョリビーに到底及びません。フィリピン人7人に聞きましたが、1人以外は全員ジョリビー派でした。
【記者ブログ】少数民族、アイデンティティ。英語とフィリピン。

【記者ブログ】少数民族、アイデンティティ。英語とフィリピン。

フィリピンに来てから1月半。フィリピン人は本当に英語ができます。ここまで多くの人が英語を解する国は、ネイティブ国家を除いて僕の経験上他にはないです。
【LONDON STROLL】疾走する女子ライダー達

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR