イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

【LONDON STROLL】疾走する女子ライダー達

6月7日にダベントリー(Daventry)から始まり、11日にロンドンのリージェント・ストリート(Regents Street)のゴールを目指す、5つのステージで行われるThe OVO Energy Women’s Tourが英国で行われた。

開催初日となった6月7日のオープニングステージでは、 英国自転車レースでは馴染みのエリアであるノーサンプトンシャー(Northamptonshire)の田園風景に再会するかのように、再び開催地となった。スタート地点に選ばれた歴史的な街ダベントリー(Daventry)から3年連続でゴール地点に選ばれたケタリング(Kettering)の全長147.5kmのコースである。

8日に行われたステージ2は、英国の陶器の街として知られるストーク・オン・トレント(Stoke-on-Trent)で開催。ストーク・オン・トレント(Stoke-on-Trent)からストーク・オン・トレントに戻ってくる全長144.5kmのコースは、スタッフォードシャーのトリッキーな地形が織りなす魅力あるコースが大会を盛り上げた。

9日に行われたステージ3は、2016年の The OVO Energy Women’s Tourのステージ2の開催地の成功をきっかけに、2年連続で同コースが選ばれた英国で注目のコースである。スタートのアザーストーン(Atherstone)からロイヤル・レミントン・スパ(Royal Leamington Spa) へと向かう全長151kmのコースである。

ウォリックシャー(Warwickshire)にあり、人口約5万人の小さな町ロイヤル・レミントン・スパはその名の通り、スパ施設が多く点在するスパタウンである。3日目にこの街のコースが組み込まれているのは、選手達にとっては嬉しい配慮かもしれない。

10日に行われたステージ4は、チェスターフィールド(Chesterfield)からチェスターフィールドに戻ってくる全長123kmのコースである。チェスターフィールドとダービーシャー(Derbyshire)の周りを回っていくこのコースは、大会の勝者を決める最重要コースに位置付けられており、熾烈な争いが行われた。

大会最終日11日に行われたステージ5は、英国自転車レースの大会で初めて英国の首都ロンドンで開催された。ロンドンのリージェント・ストリート(Regents Street)から始まり、リージェント・ストリートへと戻ってくるコースを10周する全長88.2kmのコースである。

起伏の少ないロンドン市街を駆け抜けるスピードは圧巻だった。大都市ロンドン市街の道を封鎖し、多くの人々の目を釘付けにし、一体感となって盛り上がるロンドンの街は、近年自転車レースの大会を盛り上げる重要なコースとなってきている。

大会優勝はポーランド人のカタジナ・ニニウィアドーマ(Katarzyna Niewiadoma)選手。ステージ1を制し、その勢いで大会を制した彼女。2017年初のタイトルである。まだ22歳と若く、成長著しい彼女に今後も注目したい。
提供元:CycleStyle

関連するイベントニュース

【THE INSIDE番外編】金沢学院が逆転勝利で10年ぶりの優勝…インターハイ 相撲競技(団体戦)

【THE INSIDE番外編】金沢学院が逆転勝利で10年ぶりの優勝…インターハイ 相撲競技(団体戦)

高校相撲は、誰が高校横綱になるのかという個人戦も面白いが、1校3~5人で競い合う団体戦も魅力である。
【THE INSIDE】甲子園通算最多勝利の中京大中京…2年ぶり28回目となる夏の甲子園出場は名門校の矜持

【THE INSIDE】甲子園通算最多勝利の中京大中京…2年ぶり28回目となる夏の甲子園出場は名門校の矜持

春は4回、夏は7回。近年では2009年夏に堂林翔太投手(現広島東洋カープ)と磯村嘉孝捕手(現広島東洋カープ)のバッテリーを擁し全国制覇を果たしている中京大中京。しかし、そんな名門校でも愛知大会を勝ち上がっていくことは並大抵ではない。
世間が旅人に「なぜ旅をするのか?」と問いかける理由

世間が旅人に「なぜ旅をするのか?」と問いかける理由

昨年、半年間の海外放浪をしました。
【山口和幸の茶輪記】21年目となるツール・ド・フランス取材が終わった

【山口和幸の茶輪記】21年目となるツール・ド・フランス取材が終わった

ツール・ド・フランスの全日程を単独で取材し始めたのが1997年。その前にも5回ほどスポット取材しているが、過酷なレースで生き残った選手がパリに到着する気持ちを共有するために全日程取材にこだわりがあって、ボク自身も21年連続の完走を果たした。
【山口和幸のツール・ド・フランス日記】年々進化するフランス車

【山口和幸のツール・ド・フランス日記】年々進化するフランス車

ツール・ド・フランス取材はクルマを使って選手たちを追いかける。7月のフランスだけで、20年間ですでに地球を2周半ほど運転したことになるが、毎年新しいクルマに乗るわけだからその進化の過程もある程度把握できている。
【LONDON STROLL】疾走する女子ライダー達

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR