イベント・新商品・キャンペーン情報の検索・投稿サイト「ことさが」

現役国立大生も参加、大学改革シンポジウム11/17

 国立大学協会は11月17日、第16回大学改革シンポジウムを一橋講堂で開催する。テーマは、「社会で活躍する人材育成(国立大学と社会をつなぐ)」。高等教育関係者や学生、一般などが対象。参加費は無料。Webサイトより申込みを受け付けている。

 日本の18歳人口は、2040年ごろには現在の3分の2まで減少すると推計されている。一方、産業、社会構造の変化や、グローバル化の急速な進展に対応できる人材へのニーズが高まっている。

 シンポジウムでは、日本の教育改革において国立大学が主体的に果たすべき役割などについて議論を深め、国立大学の強みを生かし、将来の日本を支え、社会に貢献する人材育成に寄与する姿勢を広く社会に発信する。

 社会と協働する教育に焦点を当て、総合司会は現役国立大学生が担当。リアセックキャリア総合研究所の角方正幸所長は、「社会が大学に求める人材育成」をテーマに基調講演を行う。

 さらに、積極的な取組みを行っている福井大学、新潟大学、長岡技術科学大学、インターンシップを受け入れている凸版印刷による事例発表や、現役国立大学生も参加するパネルディスカッションも予定されている。

 参加費は無料。定員は300名となっており、Webサイトより申込みを受け付けている。締切りは11月6日だが、定員に達した場合は受付を締め切ることもある。

◆第16回大学改革シンポジウム「社会で活躍する人材育成(国立大学と社会をつなぐ)」
対象:高等教育関係者、大学生、一般など
日時:平成29年11月17日(金)13:30~17:00
会場:学術総合センター 一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
定員:300名
参加費:無料
申込方法:Webサイトより受け付けている
申込締切:平成29年11月6日(月) ※定員に達した場合は受付を締め切ることがある
提供元:リセマム

関連するイベントニュース

人口過少社会でのICTによる教育の質の維持向上、文科省が成果報告会3/5

人口過少社会でのICTによる教育の質の維持向上、文科省が成果報告会3/5

 文部科学省は平成30年3月5日、「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」成果報告会を開催する。当日は遠隔学習の実践事例、有識者を交えた課題や成果の検討などを予定。定員は300名(先着順)、成果報告会のWebサイトから申し込む。
「深い学び」や外国語教育を考えよう、東京都で研究発表会2/20

「深い学び」や外国語教育を考えよう、東京都で研究発表会2/20

 東京都教育委員会は、東京都教職員研修センターにおいて進めてきた研究成果を広く共有することを目的に、平成30年2月20日に「平成29年度 東京都教職員研修センター 教育課題研究発表会」を開催する。参加対象は都内公立学校教職員、教育委員会関係者、都民など。
Minecraftの教育利用について考える研究会2/3小金井市

Minecraftの教育利用について考える研究会2/3小金井市

 日本デジタル教科書学会は2018年2月3日、小金井市立前原小学校で「Minecraftで創造性や問題解決能力を育む ~学校教育との接点を考える~」を開催する。参加費は学会員が無料、学会員以外の教育関係者は500円。申込みはWebサイトより受け付けている。
教育関係者150名募集「子どもプログラミング・サミット」上野2/24

教育関係者150名募集「子どもプログラミング・サミット」上野2/24

 教育関係者を対象とした「第3回子どもプログラミング・サミット」が、2018年2月24日に東京上野・国立科学博物館で開催される。産学官の各業界から招いたゲストと共に考えるシンポジウムのほか、プログラミング教材を体験するワークショップも実施する。定員150名。
テーマは「新学習指導要領とICT」教育の情報化推進フォーラム3/9・10

テーマは「新学習指導要領とICT」教育の情報化推進フォーラム3/9・10

 日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)は平成30年3月9日・10日、「教育の情報化推進フォーラム」を開催する。今回は「新学習指導要領とICT」をテーマに、大学教授らによる講演やパネル討論、活用事例発表などを行う。参加無料。3月6日までWebサイトから申し込む。
現役国立大生も参加、大学改革シンポジウム11/17
現役国立大生も参加、大学改革シンポジウム11/17

イベント投稿

PR

Facebookもチェック

PR